toggle
2019-11-01

岡本劇場!彼はいったい何者か徹底検証

岡本さんの写真1

YouTubeをご覧いただいている方から、次のようなリクエストをいただきました。

私も岡本君が何者かちょっとわからないので、探ってみることにしました。

岡本君のボツブログをご紹介

片付けトントンに転職して1ヶ月目(2年前)に書いたというボツブログを発見!

何か手がかりがつかめそうです。

自己紹介

前職は外食業界で、ある意味軽いフットワークを活かし、片付けトントンへ転職。特に勤務時間と休日に魅力を感じてやってきました。

家族構成は、妻と子2人(娘4歳、息子2歳)の4人です。

岡本さんの写真2

ブログを書くことになった経緯

な、な、なんと!転職して1ヶ月目の私にブログ作成の仕事が回ってきました。

なぜブログの仕事が回って来たのか?

実は、作業中に走って、転んで、骨折。な、な、情けない・・・。

左手ギプスでは、事務以外にはできることがありません。

しかし、折角のチャンスです。新人の目線から見た会社の魅力や仕事の内容をご紹介したいと思います。

仕事の内容について

片付けトントンを運営する株式会社中西は、次のような仕事をしています。

ペットボトルを回収しています↓

風袋をトラックから降ろしている写真

片付けトントンの仕事について

まずは、気持ちを片付けモードにするため、普段着ている緑色の作業着から、黄色の作業着に着替えます。

これをトントン用語で、変身!と言います。なんか、○○ライダーみたいですね。人によって違う変身ポーズがあるとかないとか・・・。

岡本さん変身ポーズ写真

初めて片付けに行った日は、不用品回収だけの作業でしたので、「え、引っ越し屋なの?」と思ってしまいました。

マンションやアパートからのご依頼も多いようで、中には5階でエレベーターがない場合も・・・。

パワーのない私には向いていないようです。やめて・・・。

一方、片付けトントンといえば、ゴミ屋敷の片付けをしているイメージが強いと思います。分別作業がたくさんあるため、私にはその方が向いてるような気がします。

ゴミ屋敷と岡本さんの写真

YouTube動画を見て、「ゴミが1トンあるとか嘘でしょ?」と思われた方はいませんか?

実は、普通に1トンを超えるケースが多いです。ビデオテープだけで2トンもあった現場もありました。

もしかして、社名は重さのトンからきているのか?

片付けワーキンググループについて

片付けワーキンググループの言い出しっぺは、まさかの【岡本】です。

片付けを愛し、片付けに愛されたメンバーの集まりです。(どっかで聞いたような言い回し・・・)

サービスの向上、スキルアップ、モチベーションアップのために、勉強会を毎月2回行っています。家電を階段から降ろしたり、タンスの吊り降ろしなどの実技も練習します。

片付けワーキンググループの様子360°画像(Internet Explorer 、一部のスマホで見ることができない場合があります)

私から見た会社の魅力

1.帰りが早い!!

17時過ぎに終礼があり、遅くても17時30分には退社です。飲食業界にいた自分にとって、日が暮れる前に帰れるのは感動モノです。

早く帰れると、仕事の疲れを次の日に持ち越さない、睡眠もしっかりとれるから事故を起こさなくなるなど、片付けトントンの業務を全力でこなせるようになります。

これは、お客様の満足につながります。

2.ご飯がおいしい!!

1日で、まともに食事するのが1回だった私が、3回食べるようになりました。朝は控えめですが、昼、夜はしっかり食べます。

おかげさまで、体重が3週間で48キロから52キロに増えました。脅威の体質改善です。

しっかりとご飯を食べているので、体力がつきますし、栄養もしっかり摂れるので健康にも繋がります。健康だと片付けトントンの業務を全力でこなせます。

これも、お客様の満足につながります。

3.毎日が筋力トレーニング!?

回収では走ることもあるし、ビンなどの重たいモノも運ぶし、新聞紙は一束は軽いですが、何度もトラックへ運ぶ、繰り返し作業です。

片付けは、引っ越し業者のような感じで、体に負荷をかける動作を連続で行います。

まさに、筋力トレーニングをしているのと同じで、次第にパワーがついていきます。

くどいですが、これもお客様の満足につながります。

4.優しい仲間がいっぱい!?

入社して間もない私に仕事を丁寧に教えてくれたり、大丈夫?と声を掛けてくれます。

トラックは運転できる?痩せているけど大丈夫?暑くない?喉乾いてない?お酒は好き?ギャンブルはするの?・・・これ以上はやめておきましょう!

みんなが優しく声を掛けてくれるので、チームワークが生まれます。仕事には、やはりチームワークが重要です。

最後も、お客様の満足につながります。

初めてのブログ作成を終えて

会社の魅力や仕事内容を伝えるのが、今回の目標でしたがどうでしょうか?何か伝わりましたでしょうか?

ブログを作成したこともない、見たこともない。そんな状態から始めました。

しかし、やればやるほど形になってくる。なんでもやってみよう、挑戦してみようが身に染みてわかりました。

左手ギプスの初心者トントンでした。

片付けトントンの岡本君は何者なのか

ブログでも思いついたことを、何でもしゃべりまくっています。

せっかくお読みいただきましたが、結局、ブログだけでは岡本君が何者なのか判明しませんでした。

次の質問コーナーで、他のスタッフの意見も交え、岡本君が何者かに迫ってみたいと思います。

ご質問にお答えします

1.「岡本さんが本気でしてるところがみたいです笑」「岡本くんが大好きです!岡本さんの真剣な掃除のシーン見てみたいです笑」

二つのよく似たリクエストをいただきましたが、どちらも語尾が「笑」になっています。

何か、深い意味があるのでしょうか?

小田さんの回答

きっと、本気で自転車に乗らないと、転んでしまうからだと思います。

高橋さんの回答

しゃべっているから真剣ではない、ということではなく、真剣に見えないだけです。本当は真剣にやってくれているのだと思います笑。

森(編集)さんの回答

岡本君の真剣な掃除シーンは、編集しても作れないとは!

というか、この場合、編集で真剣な掃除シーンが作れれば良いというものではないと思います。

竹内さんの回答

集中力が足りないという話はよく聞きますが、「ない」のですね。逆に素晴らしい才能だと思います。

森(部長)の回答

せっかくのリクエストですが、本気の岡本君をお見せすることは難しそうです笑。

2.「活躍が見たいスタッフ 無言で俊敏に動く岡本さん」

小田さんの回答

普通は岡本君並にしゃべったら窒息してしまいそうですが、逆に、彼は常にしゃべっていないと窒息してしまうのですね。

なるほど!

窒息してしまう危険があるなら、やむを得ません。

高橋さんの回答

同感です!

森(編集)さんの回答

無言で俊敏に動く岡本君は、YouTubeにアップしても、つまらないと思います!

竹内さんの回答

マグロなので、勘弁してあげましょう!

森(部長)の回答

無言は、満場一致で難しいという結論になりました。

3.「岡本さんのべしゃりの内容を解析してみて欲しいです!」

小田さんの回答

おお!

素晴らしい提案だと思いますが、岡本君の顔を見る暇がありません。

高橋さんの回答

部下がしゃべっていることは、ちゃんと聞いてあげてください。って言っても無理ですね笑。

森(編集)さんの回答

森(編集)は、岡本君が何をしゃべっているか、会社の中で最も解析している人物です。

竹内さんの回答

竹内君は、岡本君のことを自分の子供のように可愛がっているそうです。

森の回答

解析・・・する側の能力アップが早急に必要かもしれません。

4.「岡本さんの天然さがたまりません!」

小田さんの回答

私(部長)も、計算じゃないかと思うことがあります。

高橋さんの回答

私も、辞退させていただきます笑。

森(編集)さんの回答

もう、ほとんどお笑い芸人で、ネタには事欠きません。

竹内さんの回答

そうそう。

一日一緒にいると、静かなところに避難したくなります。

森(部長)の回答

みんなめちゃくちゃ言ってます・・・

突拍子もない行動が、時には周囲を和やかにしたり、混乱に導いてくれたり・・・。一家に一人いると、楽しくなりそうで、たまらないです(いろんな意味で)。

5.「岡本さんの散髪料金を教えてください。」

岡本さんの回答

6.「メガネが曇った岡本さんが見たいです!」

眼鏡が曇った岡本さんの写真

7.「スルメのような岡本さんのナレーションが大好物です!」

スルメのような岡本さんの写真

8.「岡本さんの営業の話が読んでいてすごく楽しいのでぜひ、もっと書いてほしいです!」

岡本君が書いたブログをご紹介します。

ときどき営業日誌|一人で悩まないで!岡本の片付け応援秘話

ときどき営業日誌|遺品整理の最初の一歩をお手伝い

ときどき営業日誌|片付けと疎遠だったご家族への想い

お客さまに寄り添った、良い営業マンに育ちつつあるようです。

いるだけで雰囲気が明るくなり、みんなが笑顔になります。

岡本君が見積りに伺ったら、いじってあげてください。きっと喜びます。


関連記事

コメント2件

 ネイロ | 2019.11.01 19:43

読んで笑いこけて、ふと思ったんですけど、私達は編集された中で岡本さんのべしゃり聞いてますが、もしかしてかなりカットされてる部分でも、しゃべり倒していらっしゃるのでしょうか…?!

ある意味、凄い才能で、やっぱ喋ってないと窒息するマグロさんなのでしょうか…。
今回の特集で、岡本さんがマグロと判明し、嬉しかったです(*^_^*)
今度からは秘かに、「べしゃり岡本マグロ」と心の中で呼んでみることにします。

 片付けトントン | 2019.11.02 6:44

ネイロさま。
いつもありがとうございます。部長の森です。
ご指摘のとおり、岡本君は「べしゃり岡本マグロ」と呼ぶにふさわしい人物です。
彼が事務所にいると、うるさすぎて仕事ができないので、大変困っています。何かだまらせる上手い方法はないかと思うのですが、黙っていると呼吸ができないのでは、しょうがないですね。現場でもしゃべり倒しているので、編集には大変苦労をしています。
しかし、彼は考えていることをすべて話しているので、現場や営業の状況が良く分かって大変助かります(聞き取ることができればですが)。
引き続き「べしゃり岡本マグロ」を応援くださいますよう、お願い申し上げます。

Comment





Comment