toggle
2020-09-18

スタッフエッセイ|アンガーマネジメントができない愛すべき家族の話

部長の森です。

私の家族には、アンガーマネジメントができない人が多いような気がします。

もっと私を見習って、怒りをうまくコントロールしてほしいものです。

怒っている猫の写真

母は、思ったことを全部口に出す人だった

ある日、母が一人暮らしをしている実家の民生委員から電話がありました。

「お宅のお母さんが隣の家に生ゴミをバラまいてやる、と叫んでいる。なんとかしてくれ。」

本当にバラまかれてしまったら、後の始末が大変です。

「すいません、すぐ行きます、モゴモゴ」と言って電話を切り、途中で菓子折を買いつつ、東名高速道路を2時間ぶっとばして実家に向かいました。

実家に着くと、母はお茶をすすりながら満面の笑みを浮かべて、こう言いました。

「何しに来ただね~(^^)」

(何しに来たじゃねえし・・・)

こみ上げる怒りを押さえつつ、なんでそんなことを言ったのか聞いてみたら、隣の人がうちの庭にゴミを投げ込んだので、仕返しをしようと思ったのだそうです。

「隣の人が、そんなことするわけないがね!」

「お前は隣んことを よう知らんで そんなことが言えるだに。前にも何度もあったし、ほかんことでも 意地悪してくるだに。どんだけワタシが苦労しているか、お前にはわからんだに」

迫力満点の謎の説得力に、なんだか言い負かされそうになりました。

気を取り直し、こんこんと母を説得し、そんなことを言ってはいけない。もし、どうしても我慢ができなくなったら、家の中に入って、なんなら雨戸も閉めて誰にも聞こえないようにしてから「生ゴミをバラまいてやる」と叫んでほしいと頼んだら、しぶしぶ母は首を縦に振ったのでした。

でも、これってどこかで聞いたことのある話のような・・・

家に帰ってから、妻には「王様の耳はロバの耳」作戦で説得したよ、と話したのでした。

骨折もなんのその!妻の怒りのアドレナリン

以前、妻は、とても忙しい職場に勤めていました。

上司は、自分はほとんど仕事をしないくせに、部下にはいろいろ理不尽な要求をする人で、さらには、時間外もまともにつけられなかったのです。

ある日のこと、ついに妻はキレてしまい、上司に向かってこう言い放ちました。

「あなたは、みんなに嫌われています」

それ以来、上司にもっと嫌われるようになった、許せないと怒っていました。

でも、「あなたは、みんなに嫌われています」って言われたら・・・私だったら、たぶん泣いちゃいます。その時、私は、妻には決して無理なことは言わないようにしよう、と心に誓ったのでした。

こんなこともありました。

ある夜の22時頃だったと思います。妻が足を引きずりながら帰ってきました。

驚いて、いったいどうしたのかと聞くと「あんまり遅くなると二人(私と娘)で仲良くご飯を食べちゃうじゃん。そう思ったら、なんだか怒れてきちゃって、急いで走っていたら転んだ。」と言っていました。

その夜、妻は痛みで一睡もできず、朝になって病院で診てもらうと、なんと全治3ヶ月の骨折。

そんな足で、どうやって駅の階段を上り下りし、どのようにして自転車を漕いできたのでしょうか?

怒りでアドレナリンが大量に分泌され、あまり痛みを感じなかったのかもしれません。

・・・

今、そんな妻は主婦ブロガー。

うろ覚えですが、記事のタイトルは確かこんな感じだったと思います。

ちょっと正確ではない部分があるかもしれませんが、少なくとも、私にはそう見えました。

妻はブログに力を入れることで、うまくアンガーマネジメントができているのかな、良かったなと思っています。

私のアンガーマネジメントは完璧

前の会社に勤めていたある日のことです。

仕事が終わった後、ゴルフの幹事のあれこれをやっていたら、あまりに疲れていたせいか、つい、「ああ、めんどくさい!」と言葉に出てしまったのです。

タイミングの悪いことに、上司が私の席の後ろを通りかかりました。

「なんだその言い草は!ゴルフも仕事の内だ!」

ゴルフや飲み会が仕事だという人は、今はさすがに少ないでしょうが、その当時はけっこう普通にいました。

私は意志が弱く、仕事は仕事、遊びは遊びという線引きをキチっとしておかないとグズグズになりそうだったので、時間外でやっていたのです。

時間中に飲み会の段取りをやっている人は叱られなくて、時間中は仕事をしていたのに、ちょっとグチを言っただけで叱られるのは、どうにも納得できませんでした。

「ゴルフは仕事ではありません。その証拠に時間外はつきません。これは疑いようのない事実です。」と冷静に話すと、上司はメチャクチャ怒っていました。

なんで怒ったんでしょうね?

その後、ゴルフコンペにはきちんと参加し、幹事の勤めを果たした後、ゴルフクラブを保育園のバザーに出しました。

上司には「ゴルフクラブは保育園のバザーに出したので、もう二度とゴルフはできません」と丁寧に報告したら、またしてもメチャメチャ怒っていました。

この上司には、アンガーマネジメントが必要です。

私は、40年以上にわたって会社勤めをしてきましたが、上司の机を蹴ったのは、その間、たったの2回しかありません。

みごとなアンガーマネジメント能力に、自分を抑えすぎだとあらためて思ったのでした。

「note」を更新しました

忙しくて片付けられないとか、どうしても片付ける気持ちになれないとかは、決して小さな悩みごとではありません。

でも、ちょっとした何かがきっかけとなって片付けることができたら、やっぱり嬉しくないですか?

Pocket

関連記事

コメント10件

 ささのは | 2020.09.18 8:59

更新ありがとうございます。
アンガーマネジメント!ですね。
私も以前の会社で、上司の机にファイルを叩き付けたことあります。それと、プライベートなことをあれこれ詮索してくる上司に「興味本位ですね」と返して怒られました。今から思うと詮索上司はモラハラ・パワハラ・セクハラの三拍子でしたね。今なら速攻会社の倫理委員会案件ですね。
でも、我が身を振り返ると私もアンガーマネジメントが下手くそな人間です。
ただ、身辺がかたずいて整っているとアンガーマネジメントも上手くできるかと思います。そんな私は父に「整理、整頓、清潔、理性」と和紙に書かれたものを部屋に貼られました。トホホ・・・
ご自愛ください。

 片付けトントン | 2020.09.18 9:20

ささのはさま。
部長の森です。コメントありがとうございます。
上司の机にファイルを叩き付けたとのこと、とても素晴らしいと思います。お互いに、引き続き頑張っていきましょう!

うまくいっていない時って、なんでもないことでも怒ってしまいがちですよね。身辺が整っていると、アンガーマネジメントも上手くできるというお話、深く納得しました。
私も「整理、整頓、清潔、理性」と書いた紙を部屋に貼っておきます。

ささのはさまも、ご無理なさいませんように!

 りさ | 2020.09.18 9:18

森部長様、おはようございます。

ここの母も思った事は全て口に出します。
しかも耳が遠いので大声で。

私は余りにも凄いこと言われたら、びっくりして黙っちゃってから怒って、そして悲しくなります。

どう処理をしたら良いかわからなくなります。

後は上司から、私から〜さんに話しておいてと言われて言葉を選んで話した挙句に私が悪者になる事も多々ありました。

アンガーマネジメント、多分ずっと課題です。

だって、仏様じゃないもの。

 片付けトントン | 2020.09.18 9:30

りささま。
部長の森です。
つい親に怒ってしまって、あとで自己嫌悪に陥るのは、実家あるあるです。私も何度も経験しました。
でも、親もわかってくれていたのではないかとも思います。あまりお気になさいませんように。

私もアンガーマネジメントはうまくできません。難しいです。
できるだけ気持ちを軽く保ちたいですね!

コメントありがとうございました。

 あい | 2020.09.18 10:17

こんにちは。
初めてコメントいたします。

ストレスや悩みを抱えている時、普段なら許せる小さな事も許せなくなったりする、と最近知る機会があり、納得しました。
自分の心の持ちようが大事なんだなぁと。

理不尽な上司は例外ですが…笑

機会がありましたら奥様の怒りのレシピも拝見してみたいです。
ものすごく辛いとか?笑

 片付けトントン | 2020.09.18 10:49

あいさま。
はじめまして、部長の森です。

怒りのコントロールは難しいですね~。
うまい返しができたらなあ、といつも思います。

妻の料理は意外にも薄味で、あの怒りは、いったい料理のどこに潜んでいるのか不思議です。食べ続けると、怒りっぽくなってしまうかもしれません。ちょっと怖いです(^^)

コメントありがとうございました!

 Pinpin | 2020.09.18 13:31

ブチョーさん  こんにちは
blogの更新ありがとうございます。

私はブチョーさんの母上のように思ったことが口に出てしまうタイプでした
短気でせっかちでした。

友人、上司、同僚、部下、先輩、後輩、皆んなのお陰で怒りを感じた事があまりありません!えっ?と思った時には口に出ているので、怒りを感じる前に殆どが解決してしまっていました。そう、今考えると本当に幸せに生きてきたんですね(周りは大変だったかも)

今週はblogのお陰で、人生を振り返る事ができました。ありがとうございます。

ブチョーさんのblogやnote を読むと毎回気持ちが温かく、他人に対して優しくなれているような気がして本当に感謝しています。

今週もありがとうございます‍♀️

 片付けトントン | 2020.09.18 14:16

Pinpinさま こんにちは。
ブチョーの森です。いつもありがとうございます。

そうなんですよね。
我慢しすぎないで、本音で話してみるといいですよね。 この歳になって、やっとそのあたりの機微がわかるようになってきた感じがします(^^)

私もPinpinさまを見習って、(岡本君のレベルまでには決してならないよう注意しつつ)口に出していこうと思います。

お褒めのお言葉を、ありがとうございます。嬉しいです!
今後とも片付けトントンをご愛顧のほど、よろしくお願いします。

 マリモ | 2020.09.18 20:23

初コメ、失礼いたします。
アンガーマネジメント。
私にも是非教えて頂きたいものです(´;ω;`)
体調悪い時など虫の居所が悪いと店員さんの態度など、些細な事でプツン……。
仕事してても冗談半分で笑い飛ばせる小さな事でも嫌いな人がやった事は全てに対しイライラ……。
それ以外でも自分が教わった仕事の処理方法が全てで、私はそれ以外の方法を取らないし、取ろうとも思わないタイプ。
でも、私のあとから入って来た新人が勝手に応用編取り入れたら、もう、許せなくて(笑)
“そんな方法誰に教わったんですか!?”
“勝手にしたらダメですよね!?”
火が着いたように泣くのではなくキレます(笑)(笑)
勝手にやり方変える事を許せる人が大人だと言われるのであれば、大人になんてなりたく無いと胸を張って言える35歳です(^.^;
私は石橋を叩いて割りたいだけなのに(T_T)

来週も更新されるの楽しみにしております♪

 片付けトントン | 2020.09.19 6:41

マリモさま。
はじめまして、部長の森です。

私もかなり慎重派で、石橋を叩きすぎて壊すタイプです。なので、とってもとっても共感しました。

今までの方法は、ミスを防ぐためのステップが組み込まれていたりしますから、勝手に変えるのではなく、話し合って、さらに良い方法であれば変えるのがいいですよね。

しかし、あまりそういったコミュニケーションは、少ないような気がします。もっと、相談してよって思います。

「大人になりたくない」→ 私もそう思います。還暦をすぎましたけど・・・。

コメント、ありがとうございました。

Comment





Comment



おすすめ記事