toggle
2016-10-10

遺品整理業者選び(豊田市)、費用相場から遺品処分方法まで

豊田市でお亡くなりになったご家族の遺品整理のことで、遺品整理業者に頼むか、ご自身で何とかするか、ご検討されていらっしゃるところかと存じます。

遺品整理の一般的な困りごとは…

  • 重要書類や貴重品を探すのが大変。
  • 遺品の量が多くて、家族だけでは難しそう。
  • 遠くに住んでいるので、頻繁には来られない。
  • 辛くて遺品を見ることができない。

…など、ご遺族様だけで解決するには、大変な状況も多く見られます。

遺品整理は単なる不用品回収と違い、故人様が大切になさっていたものや重要書類、金品などを取り扱います。遺品整理の経験のない業者に依頼すると、大切なものを捨てられてしまったり、遺品の取り扱いが乱暴だったり、思わぬトラブルに発展して後悔することになるかもしれません。

そんな後悔をされないよう、業者選びのコツや適正な価格のつかみ方をお伝えします。また、ご自身で遺品整理をする場合のコツも記載しましたので、ぜひご覧ください。

 

1、豊田市の遺品整理に関係のある政府統計

今すぐ遺品整理をしなければならないご遺族様にとって、これからお伝えする政府統計は、もちろん直接は関係ありません。しかし、実家の片付けや遺品整理が隠れた社会問題になってきているという、その背景を知っていただきたいと思うのです。
(お急ぎの方は、この項目は読み飛ばしてください。)

1-1 高齢者だけでお住まいの世帯数

豊田市の高齢世帯についてのグラフ

 

政府統計(H22年)によると、豊田市の高齢夫婦世帯は12,100世帯(全世帯の内7.5%)、高齢単身世帯は6,795世帯(全世帯の内4.2%)でした。高齢の方だけでお住まいの世帯は、合わせて18,895世帯(全世帯の内11.7%)になります。

 

豊田市の核家族についてのグラフ

 

また、核家族世帯数が88,994世帯(全世帯の内54.9%)もあるところからみても、今後も高齢者だけでお住まいの世帯は増え続けると予想されます。

※政府統計の総合窓口(e-Stat)「統計でみる市区町村のすがた2016」の「A 人口・世帯」を加工して作成

1-2 お亡くなりになった方の人数と死因

豊田市では、平成20年~24年の5年間に13,081名の方がお亡くなりになりました。
主な死因は、下記のとおりです。

 

死因のグラフ

一人暮らしの高齢者がご自宅で亡くなられ、時間が経ってから発見されるケースが増えています。そういった場合の死因は、心疾患、脳血管疾患、不慮の事故、自殺などが想定されますが、ご遺族様の悲しみや後悔の念は察するに余りあります。
そんな時、良き友人やお寺のご住職とのお話は、ご遺族様の心を癒してくれるものと確信しています。

また、遺品整理は心の整理です。
業者に依頼するのであれば、ご遺族様のお気持ちに寄り添うことのできる業者をお選びになるよう、心からおすすめします。

※政府統計の総合窓口(e-Stat)「平成20~24年 人口動態保健所・市区町村別統計」の「統計表3」を加工して作成

2、遺品整理業者のサービス内容

遺品整理業者は、どんなサービスを提供してくれるのでしょうか?
その重要なポイントをご説明します。

2-1 お見積もり

遺品整理は、貴重品や重要書類、思い出の品などの取り扱いを含む、スキルと細かな心遣いが必要な作業です。

○お見積もり時には、特に見つけたいものは何か、思い出の品はどのようなものを取っておいてほしいかなど、ご遺族様のご要望をしっかりとお聞きし、適正な価格のお見積もりを提出します。

○ご遺族様は、かなりストレスの高い状況にあると思われます。また、お忙しかったり、遠方にお住まいだったりしますと、業者だけで遺品整理を行うことがあります。ご契約までに十分な信頼をいただけるよう、わかりやすくご説明します。

2-2 遺品整理作業

○貴重品や重要書類などの探し出しをします。遺品整理業者は、何か大切なものがないかチェックする習慣とスキルを持っています。布団の間やトイレタンクの中、カーペットの下など、思わぬ場所に大切なものが隠れているかもしれません。

また、遺品の一つ一つを丁寧に取り扱います。

○探し出した貴重品や重要書類などは、適切に分類してご遺族様にお渡しします。業者が分類しておくことで、ご遺族様のご負担が軽くなります。

3、豊田市の優秀な遺品整理業者選び、3つのコツ

インターネットで遺品整理業者を検索すると、たくさんの業者が見つかります。どうせなら、優秀で感じが良くて、値段も安い業者に頼みたいものです。
そこで、遺品整理業者選びのコツを、同じ業者の目からまとめてみました。

3-1 遺品整理のスキルがある

ヒアリングの写真

 

遺品整理は、単なる不用品の処分ではありません。
例えば、大切なものを探し出すスキル、重要書類を見抜くスキルなどが必要ですし、思い出の品を見つける「心」も必要です。

では、そういったスキルや「心」があるかどうかは、どのように見分けたら良いのでしょうか? いろいろな見分け方があると思いますが、代表的なものをご紹介します。

○遺品整理士が在籍している

ホームページで、遺品整理士がいるかどうかをチェックしましょう。もちろん、遺品整理士がいればOKという単純なことではありません。基礎的な知識があるかどうか、その会社の遺品整理にかける思いはどうかを見るための、最低限のチェックポイントです。

○遺品整理のことが、ホームページにわかりやすく書いてある

ご遺族様にとって、遺品整理は大きなストレスになりがちです。「わかりやすく参考になる」ホームページは、少なからずご遺族様の力になるはずです。

そういった情報を発信しているのであれば、優良な業者である可能性が高いと思われます。

○見積もりに来た営業マンの質問が適切

ホームページの情報よりも、ここが一番大切なポイントです。
遺品整理に慣れているご遺族様は、いらっしゃいません。見積もりを取るにも、どうしたら良いかわからない、といったケースが多いでしょう。優秀な営業マンは、遺品整理をするために必要な情報を、うまく引き出してくれるはずです。

見積りに来て、ろくにお話しもせずに金額を言う業者は、大切なものを誤って捨ててしまうかもしれません。
また、お悩みごとに対して、適切なアドバイスをくれるかどうかもチェックポイントです。

3-2 不用品の違法な処分をしない

不法投棄の写真

 

ご遺族様に代わって、業者が不用品やゴミを処分する場合、豊田市の一般廃棄物収集運搬許可が必要です。遺品整理業者が一般廃棄物収集運搬許可を持っていない場合は、許可業者と提携して作業を行います。

廃棄物が違法に処分され、あとで大きなトラブルになっては大変です。処分方法を確認してから契約しましょう。

また、買取りを頼むのであれば、古物商の許可を確認してください。

3-3 数社から見積もりを取り、料金相場と適正価格を知る

相見積もりの写真

 

良さそうな業者が見つかったら、念のため「無料」であることを確認の上、無料見積もりに来てもらいましょう。見積もりを取る業者は、3社ほどが良いと思います。多すぎても、見積もり立会いの時間調整が大変です。

遺品整理は、遺品の量、重要書類などの探し出し作業の難易度などにより、金額に開きが出ます。遺品整理の料金相場がわかりにくい原因は、そこにあります。

そこで、実際に見積もりを取った数社の金額平均を、相場なり適正価格とみる考え方をします。

安すぎる業者は、いいかげんな作業をするかもしれませんし、高すぎるのも困ります。営業マンの説明、ホームページの内容、見積もり金額などを総合的に見て、最も信頼できる業者を選んでください。

4、失敗しない!ご自身で遺品整理をする方法

遺品整理をしている写真

 

遺品整理は、心の整理です。
重要書類や貴重品などの探し出しはご自身で行い、残りを業者にまかせるという方法もあります。

ご自身で遺品整理をする方法などについて、別の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「実家の遺品整理|手順と費用相場11のポイント」

実家の遺品整理|手順と費用相場11のポイント

画像クリック(タップ)で記事に飛びます

豊田市の「遺品整理」のお悩みを解決します

  • 突然のことで、遺品を見るのが辛い。
  • とにかく大量の遺品があって困っている。
  • 遺品供養の方法がわからない。
  • 急いで賃貸アパートを退去しなければならない。
  • 遠方に住んでいるので、片付ける時間がない。

一人でお悩みを抱えていないで、まずはお気軽にご連絡ください。
数社同時見積もりでも一向に差し支えありませんし、見積り額にご満足できなければ、お断りいただければ、もちろん結構です。

私たちは、ご遺族様のお気持ちを少しでもラクにできたらと思っています。相談相手を呼ぶくらいのお気持ちでどうぞ。

詳細は、遺品整理ページをご覧ください。

 

遺品整理サービスページ

 


関連記事