toggle
2016-10-14

遺品整理業者選び(大府市)、費用から遺品処分方法まで

大府市にお住まいのご家族がお亡くなりになり、遺品整理を業者に頼むかどうか、また、頼むとすると費用はどのくらいかかるのか、などについてお調べになっていらっしゃるところかと存じます。

一般的に遺品の量はとても多く、加えて、その中から重要書類や貴重品を探し出す必要もありますから、ご遺族様だけで片付けるのは困難な場合も多いでしょう。

遺品整理を業者に頼んで、大切なものを捨てられてしまったり、遺品の取扱いが乱暴で不愉快な思いをしたり、不用品を違法に処分されてしまったり、思わぬトラブルになっては大変です。

ただでさえ大変な時です。後悔しない業者選びのコツや、適正な価格の調べ方をお伝えします。また、ご自身で遺品整理をする場合に失敗しない方法も記載しましたので、ご参考にしていただけたら幸いです。

 

1、大府市の遺品整理に関係のある統計

遺品整理に直面しているご遺族様は、この統計データをご覧いただく余裕はないかもしれません。その場合、この項目は読み飛ばしていただけますよう、お願いします。

 

今、実家の片付けや遺品整理が隠れた社会問題になってきています。背景にあるのは、高齢化と核家族世帯の増加です。 まずは、関連する統計をご覧ください。

1-1 大府市の高齢夫婦世帯、高齢単身世帯の統計

大府市の高齢世帯についてのグラフ

 

政府統計(H22年)によると、大府市の高齢夫婦世帯は3,159世帯(全世帯の内9.4%)、高齢単身世帯は1,700世帯(全世帯の内5.1%)でした。したがって、ご高齢の方だけで暮らしている世帯は、合わせて14.5%にもなります。

 

大府市の核家族についてのグラフ

 

また、核家族世帯数が20,419世帯(全世帯の内61.0%)もあるところからみても、今後予測される超高齢化社会に向かって、高齢者世帯も増え続けるでしょう。

※政府統計の総合窓口(e-Stat)「統計でみる市区町村のすがた2016」の「A 人口・世帯」を加工して作成

1-2 大府市の、亡くなられた方の人数と死因

死因のグラフ

 

大府市では、平成20年~24年の5年間に2,786名の方がお亡くなりになりました。

主な死因は、下記のとおりです。

ご高齢で一人暮らしの方がご自宅で亡くなられ、時間が経ってから発見されるというケースが増加しています。死因が心疾患や脳血管疾患の場合は、予測できない場合も多いと思われますが、ご遺族様は後悔の念を抱えてしまいがちです。

遺品整理を業者にまかせるのであれば、ご遺族様のお気持ちに寄り添うことのできる業者をお選びになるよう、心からおすすめします。

※政府統計の総合窓口(e-Stat)「平成20~24年 人口動態保健所・市区町村別統計」の「統計表3」を加工して作成

2、大府市の信頼できる遺品整理業者選び、3つのコツ

遺品整理業者をインターネットで検索すると、たくさんの業者が見つかります。多すぎて、いったいどこに頼めば良いか迷われることでしょう。どうせなら、丁寧で感じも良くて、費用も安い業者に頼みたいものです。

そこで、遺品整理業者の選び方を、同業者の目からまとめてみました。

2-1 遺品整理のスキルがある

ヒアリングの写真

 

まず、遺品整理のスキルとは何か、その概要をご説明します。

遺品整理は単なる不用品回収と違い、貴重品や重要書類などを探し出し、かつ分類するスキルが必要です。故人様が慎重な方だった場合、トイレタンクや冷蔵庫の中、本の間など、思わぬ場所に大切なものが保管されていることがあります。遺品整理業者の作業員は、貴重品や重要書類がないか、たえずチェックしながら作業するように訓練されています。

見つかった貴重品や重要書類は、業者が分類してお渡しすることで、ご遺族様のご負担が軽くなります。

また、思い出の品を見抜くには、どれだけご遺族様のお気持ちに寄り添うことができるかが、ポイントになるでしょう。遺品を粗末に扱うなどは、とんでもないことです。

 

では、業者にそういったスキルや気持ちがあるかどうかを、どのように見分けたら良いのでしょうか? いろいろな見分け方があると思いますが、そのポイントをご紹介します。

○遺品整理士が在籍している

最低限のチェックポイントとして、ホームページで遺品整理士がいるかどうか調べましょう。もちろん、遺品整理士がいれば、それだけで大丈夫ということではありませんが、遺品整理について体系的に学んでいるか、遺品整理に対する思いはどうかを見るための、一つの指標には、なり得ます。

○ご遺族様のお気持ちに寄り添うホームページになっている

  • 遺品整理をしなければならないが、何をしたらいいかわからない。
  • まだ、業者に頼むかどうかも決めかねている。
  • 本当に信頼できる業者が見つかるかどうか不安。

…など、様々なお悩みを抱えてお調べになっているはずです。

遺品整理は、「商売ありき」で考えるべきではないデリケートなものだと思います。ホームページにご遺族様のお役に立つ情報が記載されていて、「読んで良かった」と思えたのであれば、優良な業者である可能性も高まるでしょう。

○見積もりに来た営業マンが、具体的に話す

ホームページの情報よりも、見積もりに来た営業マンの対応の方が、大切なチェックポイントです。

遺品整理をする際は、事前にお部屋の様子を拝見しておく必要があるのはもちろんのこと、ご遺族様のご希望をしっかり伺っておくことも大切です。ろくにご遺族様とお話しもせずに見積り金額を言う業者は、いいかげんな作業をして、大切なものを誤って捨ててしまうかもしれません。

遺品整理をするために必要な情報を、ご遺族様から上手く引き出してくれる営業マンであれば、安心してまかせられそうです。

また、予算に合わせたプランの提案や、お困りごとへの適切なアドバイスがあるかどうかもチェックしてください。

2-2 大府市一般廃棄物収集運搬の許可、古物商の許可がある

不法投棄の写真

 

ご遺族様に代わって、業者が不用品やゴミを処分する場合、大府市の一般廃棄物収集運搬許可が必要です。遺品整理をまかせようと思っている業者が、その許可を持っていれば問題ありません。許可を持っていない場合、一般的には、一般廃棄物収集運搬の許可業者と提携して作業を行います。

不法投棄など、違法な処分をされてしまい、あとで大きなトラブルになっては大変です。契約前に、どのように処分するか確認してください。

参考に、大府市の一般廃棄物収集運搬許可業者一覧表へのリンクを貼っておきます。

大府市 一般廃棄物(ごみ)収集運搬許可業者(家庭系)(別ウィンドウで開きます)

また、買取り品がある場合は、その業者が古物商の許可を持っているかもチェックしてください。

2-3 数社から見積もりを取り、適正価格や相場を推測する

相見積もりの写真

 

候補業者のリストアップができたら、「無料」であることを確認した上で、見積もりに来てもらいます。3社ほどが良いでしょう。多すぎるのも、時間調整が大変です。

あらかじめ「大切な遺品だから、数社から見積もりを取って決めたい。」と、言っておくのも手です。そこで不愉快な対応をする業者は、その時点で断ってしまえば手間がかかりません。

遺品整理は、その遺品の量、貴重品や重要書類の探し出し・分類作業に要する時間等により、見積もり金額に開きが出ます。たとえば、ホームページに「3LDKで、10~70万円」と書いてあるのは、そういった事情によります。

そこで、数社から実際に見積もりを取り、その金額平均を遺品整理の適正価格なり相場とみる考え方は合理的です。

安すぎる業者は、いいかげんな仕事をするかもしれません。それぞれの見積もり金額、ホームページのお客さまの声、担当者のプロフェッショナル度なども総合的に検討し、業者を決めてください。

3、ご自身で遺品整理をする方法

遺品整理をしている写真

 

いろいろ検討してみたが、業者に頼むのはやめた、という場合もあろうかと存じます。

ご自身で遺品整理をする方法などについて、別の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「実家の遺品整理|手順と費用相場11のポイント」

実家の遺品整理|手順と費用相場11のポイント

画像クリック(タップ)で記事に飛びます

片付けトントンは「遺品整理」のお悩みを解決します

  • 遺品が大量にあるので、片付けられない。
  • 急なことで遺品を見るのが辛いが、急いで片付けないと…。
  • 遠くに住んでいるので、頻繁には来られない。
  • 忙しくて、片付ける時間がない。
  • 遺品供養の仕方がわからない。

など、お困りごとがありましたら、お気軽にご連絡ください。私たちは、ご遺族様のお気持ちを少しでもラクにできたらと思っています。
数社同時見積もりでも一向に差し支えありませんし、見積り額にご満足できなければ、お断りいただければ、もちろん結構です。

※片付けトントンは、株式会社中西が運営しています。(大府市一般廃棄物収集運搬の許可は、株式会社中西として取得済です。)

詳細は、遺品整理ページをご覧ください。

 

遺品整理サービスページ

 


関連記事