toggle
2015-08-10

片付けと生活感との関係とは?

生活感と片付けについて考えるシャイなトン十郎のイラスト

こんにちは、トン十郎です。

モデルルームのような生活感のない部屋に住んでみたい。ほとんどの方が、そう思ったことがあるでしょう。

モデルルームは確かに綺麗でステキです。でも生活しやすい部屋かどうかは、別問題ですね。

そもそも、「生活感」ってどういう意味?

日本語大辞典(講談社)で調べてみました。

 ・その人の実生活を感じさせるようす。

 ・着実に、たくましく暮らしているようす。

 (用例)生活感みなぎる詩

ゴミ屋敷は、さしずめ「生活感がみなぎりすぎている屋敷」ということになるでしょうか。

…冗談はさておき

生活感という言葉には「着実に、たくましく暮らしているようす」という素晴らしい意味があるのに、最近の使い方はマイナスのイメージが大きすぎる気がします。生活感がある=オシャレじゃないとか。

生活しやすい部屋というのは、機能と清潔感、物の量、広い意味でのデザインのバランスが良くて、みんながリラックスできる部屋だと思います。

誰でも生活しやすい部屋で暮らしたいはずです。でも生活感を無視して、生活感のない部屋に憧れたりもする。これは矛盾しているように思います。

生活感をとことん追求してこそ、良い部屋になるのではないでしょうか?

片付けトントンは、そんなステキな暮らしのお手伝いがしたいと思っています。

片付けや不用品回収などのサービス(名古屋周辺対応)

頑張って部屋の片付けや掃除をすると、ちょっと疲れますよね。

そんな時、息抜きにブログを読んでいただけたら幸いです。

 

片付けトントンは、お部屋の模様替え・お掃除、不用品回収などのサービスをご提供しています。

サービスのご利用もお待ちしています。

 


関連記事