toggle
2015-10-03

片付けるストレス、片付けないストレス

ストレスに押しつぶされそうになりながら、ストレッチするトン十郎のイラスト

こんにちは、トン十郎です。

 

皆さんは、どのくらいの頻度で掃除や片付けをしますか?

今日は、その頻度とストレスについて考えてみました。

掃除や片付けをする頻度を考える

トン十郎は共働きで、家族も帰る時間が遅いので、掃除や片付けは週に1回が限界です。

猫が二匹いて、毛が落ちていたり猫砂をまき散らかしたりしていますが、平日は何も見なかったことにします。

モノを床に置かない、出したら元の場所に戻すなどを心がけていれば、1週間くらいは何もしなくても平気です。

 

でも、週末になると、週に1回すらも面倒くさく感じます。

家族の誰かが「今日は掃除しないといけないね!」と言い出すと、「え~!やらなくてもいいんじゃない」という、冷たい空気が流れます。

みんな、掃除した方が良いことは、わかっているのですけどね。

完璧にやるわけではないので、約1時間で終わります。

本当にスッキリします。

毎週、やっぱりやって良かったと思います。

お忙しいお宅は、週に1回でも大丈夫なのではないでしょうか。

 

無理をして、平日の夜も掃除することにしたら…

掃除や片付けのために生きているような気持になって、きっと悲しくなってしまうでしょう。

我が家の場合は、週に1回の方が幸せです。

 

ようするに…

どのくらいの頻度で掃除するのが、より幸せかということですね。

毎日掃除した方が幸せな人は、そうすればいい。

ちょっと面倒に感じる方は、週に1回程度が最低ラインではないかと思います。

片付けしないストレス、片付けするストレス

部屋の汚れを放っておこうと思うと、ストレスを感じませんか?

逆に、実際に片付け始める時も、ストレスを感じます。

片付けせずに放置するストレスと、実際に片付けする時のストレスとを比べてみると、いったいどちらのストレスが大きいのでしょうか?

ストレスの感じ方は、ずいぶん個人差があるでしょう。

部屋の散らかり具合にも関係するので、一概には言えないと思います。

 

でも、片付けが終わると部屋がキレイになって、嬉しいですよね。

どうせストレスを感じるならば、片付けた方が良いに決まっている。

 

そう思って、片付けてみてください。

きっと、やってみて良かったなと思えるでしょう。

おすすめ記事


関連記事