toggle
2015-10-16

片付けられない対決!スター・トレックvs.ドクター・フー

こんにちは、トン十郎です。

 

テレビでは、どんな番組をご覧になりますか?

今日は、ドラマや映画の主人公が片付けできる人か、片付けられない人か、について考えてみました。

BBC製作のSFテレビドラマ「ドクター・フー」

「ターディス」と11代目ドクターのイラスト

日本ではあまり知られていませんが、「ドクター・フー」はイギリスの国民的テレビドラマです。 中断期間はあるものの、1963年から放送している長寿番組で、チャールズ皇太子も大ファン。

謎の男ドクターが、時空を越えた移動ができる「ターディス」に乗り、人類を滅亡の危機から救うというストーリーです。

ユーモアもスリルも、てんこもり。

チャーチル、エリザベス1世、ゴッホなどの著名人を、ユーモラスに描いていて笑えます。

見かけよりも中が広いターディス

ターディスは、1960年代のイギリスのポリス・ボックスの形をしていて、サイズ的には日本の電話ボックスよりも、ちょっと大きいくらい。

でも、中には操縦室はもちろん、図書館やプールもあります。

ドクターが、時々「(ターディスは)見かけよりも中が広い」と言いますが、広いなんてもんじゃないですね。

ターディスとエンタープライズとでは、どちらの方が片付いているか?

リンゴを食べこぼしまくるカーク船長と、トルコ帽を被ってモップを持つドクターのイラスト

ドクター・フーのターディスとスター・トレックのエンタープライズとでは、どちらが片付いているのか?

掃除が行き届いているのは、どちらか?

こういった疑問をお持ちの方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

 

トン十郎が、あらためて両作品を見直しましたところ、エンタープライズの方が片付いていると感じました。

ドクターとカーク船長を比べてみると、片付けができないのはドクターということになります。

カーク船長は宇宙艦隊の所属で規律を大切にしなければならない立場、

自信満々で、嬉しそうにリンゴを食べこぼしまくるカーク船長のイラスト

ドクターはフリーランスの異星人で、自由な生活をしています。

トルコ帽を被ってモップを持つドクターが、どことなくキョトンとしているところのイラスト

ドクターの方が片付けできない、というのは自然なことのように思えます。

フリーランスは、片付けが苦手なのか?

ここまでの分析結果では、会社員よりフリーランスの方が片付けできないということになっていますが、果たして本当でしょうか?

さらに検証を進めます。

 

妻は病院勤め、娘はフリーランスでデザイナーみたいな、雑用係みたいな仕事をしています。(このサイトのイラストも描いています)

前者はカーク船長、後者はドクターですね。

片付けできないのは、どちらでしょうか?

 

カーク船長は、しょっちゅうエンタープライズ(自転車)でどこかにぶつかってケガをしていますが、家にある仕事の書類整理は完璧です。しっかり見出しもつけられていて非の打ちどころがありません。さすが船長という感じです。

料理が得意なカーク船長は、デッキ(キッチン)もマメに掃除してくれています。

しかし、他の場所の掃除は、あまりお好きではないようです。

トン十郎は、今後もカーク船長の命令に素直に従い、任務を果たすのみ。

 

ドクターは、どうも洗濯が好きなようで、洗濯は完璧にやってくれますし、仕事関係のモノはキレイに整理整頓しています。

しかし、その他のモノは片付けられないようで、家の中のあらゆる場所にドクターの持ち物が放置されています。

ターディスのように中が広いわけではないので、いいかげんにして欲しいです。

 

豊富な実例を元に検証した結果、それほどの大差はないものの、やはりフリーランスの方が片付けできない、という結論になりました。

 

フリーランスの皆さま、このような結果になり残念です。

でもご安心ください。

片付けトントンは、あなたの味方です。


関連記事