toggle
2015-11-25

ヒュー・グラントの映画Re:LIFEに学ぶ、片付け方とやる気

re:LIFE〜リライフ〜の感想をブログにしたためている、みちトンのイラスト

こんにちは、みちトンです。

 

ヒュー・グラント主演の映画「Re:LIFE~リライフ~」を観てきました。

正直、それほど期待していなかったのですが、笑えて、励まされて、心に響く映画でした。

観た後に元気になれる映画って、素晴らしいですね。

私の「今年観た映画ランキング」では、暫定一位に躍り出ています。

 

サイトの性質上、「片付け」に絡めないと上司がウルサイので、ところどころ片付けネタをはさみつつ、見どころをご紹介します。

Re:LIFE〜リライフ〜のあらすじ

 

授賞式でスピーチするキースと、大学で教鞭をとるキースのイラスト

 

アカデミー賞に輝き、一度はハリウッドの頂点に立った脚本家、キース・マイケルズ。

しかしその後15年、全くヒット作に恵まれない。

どん詰まりの彼は、エージェントの紹介で、大学でシナリオを教えることに。

ハリウッドのきらびやかな世界から一転、片田舎の小さな町に移ったキースが、そこで見いだしたものとはー?

豪華キャストが演じる、愛すべきキャラクターたち

落ち目のオスカー脚本家 キース・マイケルズ(ヒュー・グラント)

酔っ払ったキースのイラスト

 

「教師嫌い」のキースは、講義を受ける学生を顔だけで選んだり、初日から一ヶ月間休講にしたり、やりたい放題。

でも、「顔がカワイイ女子」・「パッとしない男子」たちは、意外に真面目で、熱心に講義に取り組む。

触発されたキースは、一人ひとりと丁寧に向き合うように変わっていく。

 

片付けについて

脚本家は論理的思考に長けているので、きっと片付け上手だろうと思います。

でもキースは、酔っ払って同僚に暴言を吐いたり、教え子と関係を持ったりと、衝動的で抑制のきかない一面が見られます。

片付けは苦手でしょう。

 

シングルマザー復学生 ホリー・カーペンター(マリサ・トメイ)

熱心に講義を受けるホリーのイラスト

 

大学の購買部とレストランで働きつつ、二人の娘を育てながら大学に通う、パワフル・シングルマザー。

脚本家であるキースをも唸らせるほどの、鋭い洞察力の持ち主。

 

片付けについて

仕事を掛け持ちし、女手一つで子供を育てながら学生をしている彼女は、自己管理能力の高い人物です。

しがたって、片付け上手に違いありません。

 

元海兵隊コワモテ学科長 ハロルド・ラーナー(J・K・シモンズ)

ビシッと決めたラーナー学科長のイラスト

 

「セッション」の鬼教師役が記憶に新しい、J・K・シモンズ。

今回も相変わらずの恐い顔ですが、キースに助言したり、衝突した同僚との橋渡し役を買って出たり、ラーナー学科長は情に厚く、頼れる上司です。

中盤以降、登場の度に笑わせてくれる、ものスゴイ飛び道具な人物。

 

片付けについて

怒らせたら恐い人物との付き合い方や、家族とのやり取りを見ると、「郷に入れば郷に従う」タイプです。

妻と三人の娘たちによって完璧に舵取りされ、彼は指示通りに片付けるのみでしょう。

心に響く名言

 

ウルウルした瞳の、ラーナー学科長のイラスト

 

講義の中で、キースはこんなことを言います。

 

「主人公こそが物語のすべてを決める。主人公が何を目指し、どこへ向かうのか。ゴールが決まれば、途中の試練が物語となる」

 

片付けに関する本は数あれど、それぞれの本の主人公はあなたではありません。

本に記された片付け法を完璧に実践しても、あなたにとってベストな空間を作ることはできないはずです。

 

以前、トン十郎がこんまりさんの片づけ法を試して、結局何も捨てられなかったことがありましたが、本の方法をそのまま実践しても、上手くいくとは限らないのです。

「あなたがどういう部屋で暮らしたいか」というゴールに合わせた、取捨選択が必要です。

素晴らしい音楽で映画を彩る、若き才能

 

サントラを聴いて感動している、みちトンのイラスト

 

この映画、音楽がめちゃくちゃ良いんです。

鑑賞後すぐ、サントラCDを購入しちゃいました。

 

Re:LIFEの音楽を手がけているのは、弱冠21歳のシンガー・ソングライター、クライド・ローレンス(Clyde Lawrence)。

6歳で初めて映画音楽に携わったという彼は、もうキャリア15年のベテラン。

登場人物の心情に寄り添い、物語を演出する、素晴らしい音楽の数々を提供してくれています。

片付けをする上でも、音楽は気分を盛り上げてくれる重要なものですよね。

片付けトントンでは、オリジナルラップを制作しています。

片付け〜♪ トントン〜〜〜♪

ぜひ口ずさんでみてください。

いつもより少しだけノリノリに、効率良く片付けられるのではないでしょうか。

まとめ:「Re:LIFE」を観たおかげで、創作意欲が湧いてきた

久しぶりに名作に出会えたことで、ブログを書く意欲がムクムク湧いてきました。

良い映画や良い音楽、良い本は、活力をくれますね。

 

片付けトントンも、片付けでお悩みの方にとって、少しの息抜きになったり、ほんのわずかでもヒントとなるよう、日々精進していきます。

 


関連記事