toggle
2016-01-24

「酒」と「面白いセリフ」に酔っていた漁師の父

いかにも「海の男」な、トン十郎の父・トン一郎のイラスト

 

こんにちは、トン十郎です。

 

私が小さい頃、父は漁師でした。

おぼれている人を助けて、表彰されたこともあります。

 

漁師の仕事は昼過ぎには終わり、近くの酒屋で立ち飲みの日々。

 

飲んだくれているトン一郎のイラスト

 

母は、「また飲んだくれてる」とこぼしていましたが、酒を飲むと陽気になる人だったので、私は、父が酒を飲むのは嫌いではありませんでした。

 

父が何度も言っていたのは、「おまえは橋の下から拾ってきた」です。

何度も繰り返し言うので慣れてしまいましたが、最初はひどく傷つきました。

 

でも、父にとっては、全然悪気はなかったのです。

自分が面白ければそれで良い、ということが徐々に明らかになっていきます。

舞阪灯台に行くのか?

私は小学生の頃、ひどく成績が悪かったのですが、それでも父は「勉強しろ」とは言いませんでした。

むしろ、「お前の通知表。いち、にい、さん。いち、にい、さんって体操みたいだな」と言ってニコニコしていました。

 

「いち、にい、さんって体操みたいだな」と言うトン一郎のイラスト

 

そんなことを言える親は、なかなかいません。

さすがです。

 

やがて中学校に入り、少し勉強が面白くなってきたので勉強していると、おきまりのセリフを言うのです。

「そんなに勉強して、舞阪灯台にでも行くのか?」

 

「舞阪灯台にでも行くのか?」と言うトン一郎のイラスト

 

父は、「東大」と「灯台」をひっかけて、自分では、なかなか面白いセリフだと思ったのでしょう。

何度言われたかわかりません。

 

そんなことを言われたら、やはりやる気がなくなります。

(何度も言うので、しまいには慣れましたが…)

ああ、この人は自分が面白ければ何を言ってもいいと思っているのだな、とわかってきたのは、その頃です。

 

舞阪灯台は、松林の中の寂しい場所に立っている白色の灯台でした。

松林の緑と灯台の白のコントラストが、妙に怖かった記憶があります。

私は、頑張っても舞阪灯台レベルなのか、と少し寂しくなりました。

 

舞阪灯台を見て涙を流すトン十郎のイラスト

 

東大といえば赤門。

色が全然違います。

灯台が赤色だったら、少しは納得できるものを…。

 

父に勉強しているところを見られないよう、徐々に気を付けるようになりました。

あんなことがなかったら、私ももう少しましな人間になっていたでしょう。(^^)

医者に行って来い

 

高熱で立つこともできないトン十郎のイラスト

 

ある日のこと。

風邪でしょうか。

40度の熱が出て、ひどく体がしんどかったので、父に助けを求めました。

すると、父はすぐさま、こう言い放ったのです。

「医者に行って来い」

 

「医者に行って来い」と言うトン十郎のイラスト

 

「…」

 

わが耳を疑いましたが、高速で考えました…

病院に行った方が良さそうだ。

でも、かなりしんどくて動きたくないというか、動けない。

連れて行ってくれないのか?

 

…病院に行くのはつらすぎるから、とりあえずやめておいて、まずはしっかり栄養を摂ろう。

自分がしっかりしないと、いつか大変なことになってしまうかもしれない。

食欲がない中、これも病人食ではない普通の食事を、しっかり食べました。

つらかったです。

 

ちょっとした病気くらい、何でもない。

気力で治す。

病気になっても、そんな強い気持ちでいられるようになったのは、ひとえに父の教えのおかげです。

 

このエピソードは、面白発言ではありません。

父は、ただ面白くないことに関わるのが面倒だったのではないか。

そう思っています。

面白ければ、たいがいのことは許す家系

娘がしばらく高校に来ていないと、先生から呼び出しがありました。

けっこう長い期間、学校に来ていないと。

 

すごくびっくりしました。

怒りながら、娘になぜ行かなかったか聞くと、「だるかったから」と言うではありませんか。

 

「だるかったから」と言うみちトンのイラスト

 

 

親としては、いじめられているのではないかとか、いろいろ心配しているのに、なんと「だるかったから」です。

学校を休む時は、母親のふりをして、「娘の具合が悪いから休ませる」なんてことを先生に電話しているのです。

 

でも、「だるかったから」が面白すぎたので、許すことにしました。

 

娘が幼少の頃、教育的な絵本はいっさい読まないようにしていました。

読み聞かせたのは、長 新太などの面白絵本。

娘も、どんどん父に似ていくことでしょう。

おすすめ記事:トン十郎の自由気ままブログ

片付けや不用品回収などのサービス(名古屋周辺対応)

頑張って部屋の片付けや掃除をすると、ちょっと疲れますよね。

そんな時、息抜きにブログを読んでいただけたら幸いです。

 

片付けトントンは、お部屋の模様替え・お掃除、不用品回収などのサービスをご提供しています。

サービスのご利用もお待ちしています。

 


関連記事