toggle
2016-03-22

実践!ときめく片づけ、モノの住所を決めて賢く収納

本の片付けを投げ出すトン十郎のイラスト

こんにちは、トン十郎です。

個人的な悩みを打ち明けていいですか?

私の場合、ちょっと真面目に仕事をすると、すぐに調子が悪くなってきます。

そんな時は、ユーモアで乗り切ります。

「ときめく片づけ」の実践

我が家の本棚の写真

我が家の本棚です。

本棚は、まだ他にも2本ありますが、どれもいっぱい詰まっています。

簡単に片付けられる方法はないだろうか?

そうだ!

困ったときは、近藤麻理恵さんの力を借りてみます。

【マンガ本を一気に片づけるコツ】
タイトルごとに積み上げ、まとめてガバッと抱きつくようにして触る、一番上の巻だけ手にとってみるなど、(中略)けっして中身は見ずに、触ったときのときめきを感じることに徹するのがコツです。

ー「イラストでときめく片づけの魔法」著・近藤麻理恵

これは、簡単に片付けられそうな予感!

まずマンガ本をタイトルごとに積み上げます。

マンガ本を積み上げた写真

これで、本当に片付けられるのかな?

不安で、心臓の鼓動が速くなってきた感じがします。

これが、「ときめき」なのでしょうか?

…まだ、片づけは道半ばのはず。

「ときめき」をこらえ、作業を進めます。

次は、「一番上の巻だけ手にとって」みます。

マンガ本の中から、一番上の巻を手にとった写真

う~ん、わからない。

不安な気持ちは、増すばかり。

「ときめき」が強くなってきました。

でも、片づけは最後までやらなければ!

「まとめてガバッと抱きつくようにして触」ってみます。

積み上げたマンガ本にガバッと抱きついている写真

漫画は娘のものがほとんどなので、娘にもやらせました。

ああ!

「ときめき」がおさまってきました。

抱擁って、こんなに人の心を癒してくれるんだ?!

あ、あ~!

マンガ本が崩れた写真

くずれちゃった!

なんてこったい。

モノの住所を決めて賢く収納

住所がわかることによって、郵便物がその家に届くし、人も訪ねていくことができます。

それを片付けに応用しようという、考え方があります。

ようするに、モノをどこに収納すれば良いか、あらかじめ決めておくわけです。そうすることで部屋がグチャグチャにならないし、探す手間も省けるようになります。

さあ、実際にモノの住所を決めてみましょう。

まず、収納場所の住所を決める

それが家の中のどこにあるのか、一目でわかる必要があります。

なので、住所はおなじみの表示方法が良いでしょう。

家を日本と仮定すると、1階2階は「県」に相当します。ここは、シンプルに1階県、2階県がいいですね。

そんなイメージで、1階リビングの本棚の引き出しに住所をつけてみました。

1階リビングの引き出しの写真
「1階県 リビング市 本棚区 文具町1丁目」というシールを張った引き出しの写真

おお、わかりやすい!

いいじゃないですか!

次は、モノに住所を書いておく

モノに住所を書いておかないと、どこにしまえばよいかわかりません。

早速、書いてみましょう。

鉛筆や消しゴムに住所を書いている写真

でも?!

これって、めんどくさくないですか?

おすすめ記事:片付けの実践や実験

部屋(リビング)の生活感をなくす実験をしてみた

おすすめ!クリスマス前の片付け:3つのコツ

不用品回収、ゴミ屋敷片付けなどのサービス(名古屋周辺対応)

「もう、片付けはしたくない。」

…そんな気持ちになったら、片付けトントンにお気軽にご連絡ください。


関連記事