toggle
2016-04-17

老後の不安は具体的に解決(生前整理編)

宝くじの結果発表にがっかりするトン十郎のイラスト

 

こんにちは、トン十郎です。

 

歳を重ねるごとに、老後の不安を感じるようになってきました。

特に心配なのは資金のこと。

今日は老後の資金計画について、簡単なエクササイズをしてみました。

高齢になってきたら、車の買い替えも計画的に

 

トン十郎の愛車の写真

 

最近、10年以上乗った自家用車の車検を取りました。

新しい車を買おうかどうしようか、迷ったんですけどね~。

 

もう59歳ですから、自分がいつまで運転できるのか考えた結果、次に買う車を最後にしようと思ったわけです。

その決断は正しかったのか考えてみます。

高齢者の運転は、何歳くらいまでなら大丈夫か?

 

サンタクロースも運転してるから大丈夫!と言い張るトン十郎のイラスト

高齢運転の代表格??

 

政府は、一般的に何歳くらいまでなら運転しても大丈夫、と考えているのでしょうか?

 

高齢者の運転免許更新のルール

【70歳から74歳の運転免許更新】

高齢者講習(実技あり)の受講が必要です。

 

【75歳以上の運転免許更新】

講習予備検査と高齢者講習等の受講が必要です。

 

…ようするに

70歳以上になったら、なるべく運転してほしくないな。

75歳以上は運転しないでほしいな。

…という雰囲気がただよっています。

 

個人差があるので一概には言えませんが、70歳以上は危険が増すということですね。

高齢運転者標識(高齢運転者マーク)の改善を求む!

 

マークが気に入らないトン十郎のイラスト

 

「70歳以上の人は高齢運転者マークを表示するように努める(罰則なし)」ということになっています。

 

ようするに、高齢運転者マークって「この人の運転は危険」ということを周囲の人たちに知らせるマークということですね。

このマークを車に貼り付けて走るのは、ちょっとイヤかも。

政府は、もっと高齢者の気持ちを考えるべきだと思います。

 

…そこで、提案します!

矢沢永吉さんプロデュースで、シールを作ったらいいんじゃないかな?

シールは2種類です。

名言「矢沢、ビッグだぜ」を思い出してください。

 

YAZAWA 高齢だぜ

 

いかがですか?

高齢なのに「オレは危険な男だぜ」という雰囲気も漂い、不思議と嫌な気持ちになりません。

イチオシです。

 

もう一つのシールは、矢沢永吉激論集「成りあがり」(角川文庫)を参考にします。

 

YAZAWA 病みあがり

 

「病みあがりでも危険な男」というイメージが秀逸です。

…これなら、皆さん喜んで貼るのではないでしょうか。

運転免許の自主返納

 

自主返納するトン十郎のイラスト

運転免許の旅立ち

 

警察署や運転免許試験場に申し出れば、免許の取消しをすることができます。

 

また、運転免許証を自主返納したら「運転経歴証明書」を申請しましょう。

「運転経歴証明書」は身分証明書にもなりますし、65歳以上の人が「高齢者運転免許自主返納サポーター」として登録している店舗で提示すると、割引等の特典をうけることができます。

車の買い替えのタイミングを検証する

 

買い替え時期を検討するトン十郎のイラスト

 

自分の運転免許更新のタイミングを調べてみました。

ずっと、免許証の有効期間は5年間だと仮定します。

※免許証の有効期間は、71歳からは4年、72歳からは3年になります。

 

・2018年(61歳)

・2023年(66歳)

・2028年(71歳)

・2032年(75歳)

 

健康で認知症がなければ、75歳の誕生日の前日まで車の運転をする、と考えをまとめました。

 

では、次に買う車を最後の車にできるか計算してみます。

今の車は12万km走っていますから、あと2年が限界です。

つまり2018年まで乗ることにします。

 

すると、次に買う車は、75歳まで14年間乗ることになります。

厳しいところですが、遠くに行くときは電車にすればギリギリ大丈夫かも。

もうちょっと前から、こういった計画をしておけば良かったかな。

老後破産にならないために

 

老後に備えて500円玉貯金するトン十郎のイラスト

 

今、老後破産が増えているそうです。

 

家の外壁も痛んでくるし、電化製品も壊れます。

医療費や介護費用も必要です。

 

「老後資金は1億円」は必要という人もいれば、「5,000万円」、「3,000万円」や「1,500万円」と言う人もいます。

これは、一人暮らしなのか夫婦二人なのか、持ち家なのか賃貸なのか、年金がどのくらいあるか、どのくらいのリスクを考えるか、などによって一概には言えないでしょう。

 

誰もが、穏やかに老後を楽しみたいもの。

車の買い替えを考えるのと同じように、資金計画はなるべく具体的にするようおススメします。


関連記事