toggle
2016-05-12

【春のお庭の片付け】徒長したビオラで作る 素朴な花束

こんにちは、かよトンです。

いろいろな花が咲き乱れる季節になりました。

 

でも、春の花はそろそろ終わりでしょうか。

咲き終わった一年草を片付けて、新しい花を植える。

 

ガーデニング好きな方には、植え替えに忙しい時かもしれません。

徒長してしまった春の花

徒長して見苦しくなった花たちを、花壇や鉢に植えっぱなしにしておくのは、見栄えが悪いですよね。

 

徒長してしまい見苦しくなった寄せ植えの写真

 

寄せ植えなどでは、せっかく咲いている花が見えなくなったりもします。

 

終わりに近づいた花でも、一生懸命咲いています。

ゴミにしてしまうのは、もったいないです。

徒長した花のステキな使い道

徒長した花は、切り花にして飾りましょう。

特にビオラなどは、切り花にすると花屋さんの花束とは一味違った、とても自然な感じになるので、お友達の家へのちょっとしたお土産にも使えそうです。

 

では、作ってみます。

① 徒長した花を用意します

 

徒長してしまい見苦しくなった寄せ植えの写真

 

さきほどの寄せ植えです。

娘がこれを見て、野良猫が踏んだのかと言っていましたが、違います。

ビオラが徒長したのです。

② 徒長した花を、根元に近い位置で長めに切ります

 

切り取った「徒長した花」の写真(写真2)

 

長いものは、すべて思い切って切ります。

③ 花が落ちたり、しぼんでしまっているものを取り除きます

 

花が落ちたり、しぼんでしまっているものの写真

 

④ 茎の下の方の葉を取り除きます

 

茎の下の方の葉を取り除いた写真

 

 

茎の下の方の葉を取り除いた写真(アップ)

 

茎の上の方の花や葉は残し、下の方の葉を取り除きます。

⑤ 花瓶に挿します

緑色の輪ゴムを用意し、花を束ねます。

いろいろな方向から見て、色や形のバランスが綺麗になるように束ねてください。

 

花瓶に挿して、はい、できあがり。

 

花束を花瓶に挿した写真

 

ビオラの場合、口の狭い花瓶より、ジャムの空き瓶などの口の広いものが使いやすいでしょう。花の本数に合わせて選んでください。

 

キッチンでもトイレでも、ちょっとしたスペースに置けて、さりげないオアシスになります。

ただ、猫がいるお家では、ビオラを猫が食べると害になるので十分に気を付けてください。

元の寄せ植えは、こうなりました

 

綺麗になった寄せ植えの写真

 

ほら、こんなにさっぱりしました。

まだまだ、立派に玄関前を飾れます。

 

ガーデニングって、楽しいですね。

 

片付けや不用品回収などのサービス(名古屋周辺対応)

片付けも、あんまり完璧を求めすぎると疲れてしまいます。

モデルルームのような部屋もステキですが、大切なのは、「誰が見ても美しい部屋」ではなくて、「住む人にとって心地よい部屋」であること。

そんな思いを込めて、ブログを書いています。

 

片付けトントンは、お部屋の模様替え・お掃除、不用品回収などのサービスをご提供しています。

サービスのご利用もお待ちしています。

 


関連記事