toggle
2016-10-14

洗面脱衣所の収納ビフォーアフターまとめ

1 ビフォーアフターを丸ごと紹介!3分動画

モノを出したり分類したりする様子をちまちま撮影して、脱衣所入室〜整理収納完了までを3分ちょっとの動画にまとめました。コマ撮り風に、ちょっと可愛くしてみたつもりです。まずはぜひこちらをご覧ください。

 

また、この記事は前後編の後編です。

前編の狭い脱衣所をスッキリ整理収納!最初の6ステップでは、整理のステップと、片付けをしようと思ったキッカケの大事件についてマンガでご紹介しています。

2 洗面台ビフォーアフター

 洗面台ビフォー写真

整理収納前: 洗面台

2-1 洗面台アフター

洗面台アフター写真

以前は洗面台にたくさんのモノを置きっぱなしにしていましたが、半分近くが使っていないモノだったので撤去しました。洗面台にはできるだけモノを置かない方がスッキリして気持ちが良いし、掃除もしやすいです。

2-2 化粧品類は壁面に収納

洗面台アフター写真

毎日使う洗顔・メイク落とし等は、濡れた手や汚れた手で触るので、ミラーキャビネットにしまうのは気が引けます。ちゃんと毎回拭けば問題ないのでしょうが、私も母もだだくさです。ちょっとくらい濡れたまましまっても良いように、洗面台横の壁にワイヤーネットを取り付けました。

3 洗面台ミラーキャビネットビフォーアフター

ミラーキャビネットビフォー写真(右)

整理収納前: ミラーキャビネット(右)

ミラーキャビネットビフォー写真(左)

整理収納前: ミラーキャビネット(左)

ミラーキャビネット右側は髭剃りセットとストック

ミラーキャビネットアフター写真(右)

最上段は取り出しにくいので、使うのをやめました。中段に父の髭剃りセット、下段は歯ブラシなどのストック類の置き場にしています。

ミラーキャビネット左側は化粧品関係

ミラーキャビネットアフター写真(左)

最上段に洗顔用ターバン(母と私の二人分)、中段にコットンと化粧品(ストック)、下段は床面が割れていたのでとりあえず使用禁止にしました。

4 洗面台引き出しビフォーアフター

洗面台の引き出しビフォー写真(上段)

整理収納前の写真:上段

洗面台の引き出しビフォー写真(下段)

整理収納前の写真:下段

上段:普段使いのモノのストック(使用頻度中)

洗面台の引き出しビフォーアフター

手拭き用タオル、ボディタオル、ターバン、カミソリなどのストック置き場にしました。

下段:お風呂用癒しグッズ(使用頻度低)

洗面台の引き出し下段ビフォーアフター

とりあえず箱ごとポコポコ入れておいて、しばらく様子を見ます。数ヶ月後使われた様子がなければ、手放す候補にします。

5 洗面台下ビフォーアフター

洗面台下収納ビフォー写真

整理収納前の写真

5-1 お風呂用掃除道具、洗剤等ストック(使用頻度高〜中)

洗面台下収納ビフォーアフター

スリッパ入れだったバケツを処分。空いたスペースにA4トレーを設置して洗剤ストックを収納し、突っ張り棒にスプレー・雑巾をかけました。 ひと目で中身が全て見えるので、以前のようにモノをかき分けて探す必要がなくなり、ストックの買いすぎや買い忘れを防げます。

洗面台下収納・左扉
洗面台下収納・右扉

スリッパとスポンジは、扉の内側にフックを取り付けてかけました。

6 洗濯機上の収納ビフォーアフター

洗濯機上ビフォー写真

整理収納前の写真

6-1 ワイヤーネットで壁掛け収納

洗濯機上アフター写真

洗濯洗剤とシミ取りは、ほとんど毎日使います。脱衣所のテーマは「時短」なので、ゼロアクションで手に取れるように壁かけ収納にしました。

木の棚にした方がオシャレで素敵だと思いますが、湿気がコワイのと、この位置で使いやすいのかしばらく様子をみたかったのもあって、一番安価で設置の簡単な100均にしました。3点ともセリアの商品です。

6-2 突っ張り棒で吊り下げ収納

洗濯機上アフター写真

我が家には洗濯ネットが約30枚あります。これまできちんとした置き場がなく、タオル掛けにかけたりバケツに入れたりカゴに入れたり、とにかくテキトーに扱われていました。ごちゃ混ぜになって床のカゴの中にあると、使いたいネットを探すのが特に大変でした。

なので今回は、肩の高さくらいのところに専用の収納を作りました。

下着用ネットの収納方法

特にデリケートな下着用のネットは、洗濯機の側面にかけています。

7 タオル収納ビフォーアフター

タオル収納ビフォー写真

整理収納前:タオル収納

タオルかけ下ビフォー写真

整理収納前:タオルかけ下

7-1 サビに強いワイヤーシェルフを購入

ワイヤーシェルフの写真

あれやこれやと探して、幅も奥行きもピッタリなモノを手に入れました。エレクター株式会社の「ホームエレクター」です。

ハンマー一本で簡単に組み立てできること、サイズやカラー、オプションパーツのバリエーションが豊富で、パーツ1つごとにオーダーメードできることから選びました。棚板やポールが全部セットになった安価なシェルフもたくさんありますが、いまいち大きさが合わなかったりするし、何より棚板が余ると置き場に困ってしまいます。パーツごと購入なら必要なモノだけを購入できるので、ムダなく思い通りの棚を作ることができます。

また、転倒防止用の天井まで届くセーフティポストも販売しているので、地震対策がしっかりできることも魅力です。

7-2 上段:タオルストック、メガネ置き

ワイヤーシェルフ上段(タオル収納)

タオルをバスタオルからフェイスタオル(31cm×87cm)に変えました。バスタオルより、洗濯がずっと楽です。

ワイヤーシェルフ上段(メガネ収納)

ワイヤーシェルフの上段をフェイスタオルのストックとメガネ置きにしました。

7-3 中段:タオルかけ

ワイヤーシェルフアフター写真(中段)

ホームエレクターのハンガーポールを同時購入しました。

ハンガーポールの上段は、お風呂上がりに着る着替えを置くためのスペースです。以前はカゴを床に置いて入れていましたが、カゴがあるとどうしてもモノを入れっぱなしにしてしまうので、何も置かないことにしてみました。

ワイヤーシェルフの側面スペースにティッシュをかけた写真

以前は窓の桟に置いてあったティッシュは、シェルフのサイドにしました。

7-4 下段:洗濯カゴ、ゴミ箱

ワイヤーシェルフアフター写真(下段)

下段には、これまで床に直置きだった洗濯カゴとゴミ箱を収納しました。

8 まとめ

整理収納を終えてしばらく使ってみたら、「ここはもう少しこうした方が使いやすいんじゃないか」というところがいっぱい見えてきました。

都度少しずつ改善していくことで、より動作を少なくしたり、ストレスの少ない場所に近づいていくのだと思います。

脱衣所もまだまだ見直しをして、またこちらで記事にするつもりなので、またご覧いただけたら嬉しいです。

ちなみに…一人で整理収納なんて大変!という時は

片付けや整理収納のサービスを依頼する、という手もあります。

 

一人だけや、一緒に暮らす家族とだけでやっていると、それまでの収納や配置にとらわれがちになってしまいます。

客観性を持って検証し的確なアドバイスをくれる人と一緒にやれば、「こんな暮らしがしたい」を叶える収納への近道になるでしょう。

 

片付けトントンにも、整理収納アドバイザー1級が在籍し、お部屋の片付け・整理収納のお手伝いをさせていただいています。

ご相談・お見積もりは無料です。

詳しくは、片付け・整理収納サービスページをご覧ください。

 

片付け・整理収納サービス

 


関連記事