toggle
2015-08-11

ゲゲゲの鬼太郎と不用品回収業者の思い

妖怪のタンスさんに襲われそうなトン之助のイラスト

こんにちは。トン十郎です。

ゲゲゲの鬼太郎は、本当に広い世代に愛されていますよね。

水木しげるさんの初期の作品に出てくる妖怪たちは、子供心にも本当に怖かった。

 

物を大切にするために言われてきたことだと思いますが、「物に魂が宿る」という考え方があります。

ゲゲゲの鬼太郎にも、一反もめん、ぬりかべ、傘化けなど、物に魂が宿った妖怪たちが出てきます。

もし不用品が妖怪だったら…

タンスに手足が生えて襲ってきたらどうしよう。

電源の入っていないテレビが急に映ったら怖すぎる。

…仕事を続けていくのは無理です。

愛すべき妖怪たち

水木しげるさんの描く妖怪たちは、徐々に愛すべき存在に変わってきたように思います。

不用品たちが妖怪になるのなら、怖いよりも愛すべき存在でいてほしい。

タンスや冷蔵庫などの大型の不用品に手足が生えて、自分でトラックに乗ってくれたら助かっちゃうな。

オモチャたちが踊りだしたら可愛いかも。

…捨てられなくなりますけどね。

 

不用品回収を仕事にしている私たちは、処分する前に、リユースやリサイクルを優先します。物に魂が宿っていると意識することは、ステキな仕事ができるポイントだと思います。

頑張ってくれた不用品たちに…

     「お疲れさまでした」

軽トラの荷台で少し寂しそうに手を振る不用品の妖怪たち

関連記事