toggle
2015-09-15

一生懸命・一所懸命に不用品回収します!

一生懸命について考えるトン十郎のイラスト

こんにちは、トン十郎です。

 

一生懸命に片付ける。

一所懸命に片付ける。

一生懸命と一所懸命、皆さまはどちらを使いますか?

最近は、一生懸命が多いようです。

「一生懸命」の語源から、面白い発見

学研の日本語「語源」辞典で、「一生懸命」を調べてみました。

「もとは“一つの所領(領地)に命を懸ける”意で“一所懸命”と書いた。中世の武士が一族を養うため、所領を必死に守ること。(中略)のち、“一所”の意がしだいに薄れ、かわりに“生涯の一大事”の意で“一生”と書くようになったと考えられる。」

 

深いなあ。

「一所懸命」の方が、なにか具体的な感じがしませんか?

具体的な方がやる気がでる。

お客さまのお宅を片付ける、不用品の回収をするという場合、「一生懸命」よりも、 「一所懸命」の方が、一か所一か所を大切にしている感じがしてナイス!

これからは、「一所懸命」を使おうかな。

 

片付けトントンは「一所懸命」です。

 

トン十郎の寝言でした。(^^)

片付けや不用品回収などのサービス(名古屋周辺対応)

頑張って部屋の片付けや掃除をすると、ちょっと疲れますよね。

そんな時、息抜きにブログを読んでいただけたら幸いです。

 

片付けトントンは、お部屋の模様替え・お掃除、不用品回収などのサービスをご提供しています。

サービスのご利用もお待ちしています。

 


関連記事