toggle
2015-09-17

実家の不用品の中から「思い出の品」を発見

こんにちは。トン十郎です。

 

一人暮らしをしていた母が兄のところで暮らし始め、空き家になっている実家の片付けに行ってきました。

母にとっては、すべてが「思い出の品」。

持っていくものと捨てる物を選り分けるのは、至難の業です。

不用品の中から思い出の品(煙草盆)

不用品の山を再チェックしていたら、父の形見が出てきました。

祖父が作った煙草盆です。

祖父は、父が小さい頃に亡くなりましたので、祖父の手作りの煙草盆は父の大事な物でした。

これは、私がもらいました。

不用品の中から思い出の品(小物入れ)

もう一つ。母の小物入れ。

物持ちの良い母が、若いころから使っていた物。

これは、私の娘がもらいました。

この二つは、私のお気に入りのドイツ製塗料とニスで補修して、宝物にします。

家族以外には何でもない物ですが、生まれ育った実家を解体する前の切ない気持ちが、少し和らぎました。

 

母の引越し、父の遺品整理ブログ

片付けトントンの遺品整理

思い出の品や貴重品を探しながらの作業や、遺品供養の手配も可能です。遺品整理士、整理収納アドバイザー、福祉住環境コーディネーターが丁寧に対応します。

詳細は、「遺品整理ページ」をご覧ください。

 


関連記事