toggle
2016-01-16

掃除ロボットや不用品回収ロボットに勝つ方法

ロボットを持っているトン十郎のイラスト

 

こんにちは、トン十郎です。

世の中の進歩は、速いですね。

ITやロボットなどの技術の進歩、サービスの変化。

企業も個人も、適応を求められてしまいます。

 

今日は、仕事を失わないための生き残り戦略について考えてみました。

機械化が進むと、みんなが思っている仕事は?

 

レジ係をしているロボットのイラスト

 

2015年12月19日の朝日新聞に掲載された「機械化などが進むと思う仕事」についてのアンケート結果です。

1位 レジ係

2位 電話交換手

3位 プログラマー

  (略)

11位 ごみ収集作業員

12位 ビル清掃員

13位 キーパンチャー

14位 家政婦

 

おおっと、片付けトントンに関係の深い仕事が11位、12位、14位にありました。

ロボットがゴミや不用品を回収したり、片付けしたり、掃除したり?

これは…

将来、職を失くすことになるかも?

心配です。

 

もう少し、調べてみます。

ドローンでの宅配解禁へ

 

ドローンのイラスト

 

2015年12月16日の朝日新聞に掲載された「地域を絞って規制を緩める国家戦略特区と規制緩和」に関する記事(抜粋)です。

北九州市

介護ロボットの導入促進

 

千葉市

無人タクシーの走行

ドローンで荷物や薬を宅配

 

千葉市では、ドローンが倉庫から約10キロ離れたマンションまで荷物を届ける事業や、ドラッグストアから近くのマンションのベランダに薬を運ぶ事業を計画。3年以内の実現が目標で、米通販最大手アマゾンが参入を予定している。

 

え!

宅配ができるのなら、不用品の回収もできるようになる?

恐るべし、アマゾン!

もうドキドキです。

でも、ゴミや不用品回収までは、できるようにはならないと思いたい。

夢はどのくらい実現したか?

 

バックトゥーザフューチャーのマーティとドクのイラスト

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」は1989年公開ですが、主人公が行った未来は2015年10月21日。

まさに今年です。

映画で描かれていた近未来は、どの程度実現されたのでしょう?

 

自動でヒモが締まる靴

2016年春に、ナイキがオークション形式で販売予定。

 

空中に浮かぶスケートボード

HENDO HOVER社が、近々販売予定。(アルミ板や銅板などの上でなければ浮かばない、バッテリーが7分しか持たないなど、欠点はありますが…)

 

けっこう実現してますね。

う~ん。

実現しているものは、僕が思うより多いです。

仕事を失わない方法を考えてみた

機械化が進むことで、仕事がなくなったら大変。

もっと努力して差別化していけば、お客さまにより良いサービスが提供できるし、機械に取って代わられないようにもできるはず。

 

不用品回収や片付けの仕事の生き残り戦略

きめ細かな心遣いと柔軟な対応

 

柔軟な対応をするトントンスタッフのイラスト

 

思い出の品を取っておく。

ちょっとした家具移動や掃除はサービスで。

片付けられない悩みにも相談に乗る。

お客さまのご都合を優先する。

当日の急な追加にも柔軟に対応する。

などなど

 

さわやかな笑顔

 

素敵な笑顔のトントンスタッフのイラスト

 

にっこり(^^)

ロボットには、なかなか難しいと思います。

 

 

ロボットが不用品の回収に来たら、こんな感じでしょう。

ワタシハ カイシュウ シニキタ

フヨウヒン ハ ドコデスカ?

  

ソレ ワタシ キイテイマセン

テレビ ノ カイシュウ? キイテイマセン

ビー ビー ビー

カイシュウ デキマセン

ビー ビー ビー

カイシュウ デキマセン

 

ロボットには勝てそうな気がするのですが…

 

にこやかに柔軟な対応をするトントンと、煙を出しているロボットのイラスト

 

片付けや不用品回収などのサービス(名古屋周辺対応)

頑張って部屋の片付けや掃除をすると、ちょっと疲れますよね。

そんな時、息抜きにブログを読んでいただけたら幸いです。

 

片付けトントンは、お部屋の模様替え・お掃除、不用品回収などのサービスをご提供しています。

サービスのご利用もお待ちしています。

 


関連記事