toggle
2018-11-23

片付けられない主婦が、汚部屋を片付けるきっかけ

あなたは今、片付けられない自分をなんとかしたい、汚部屋を片付けなければ、と思っていらっしゃるはずです。そうしたお気持ちになれたのは、大きな前進です。さらにそのお気持ちを、実行に移せたらステキですね。

それでは、汚部屋の片付けを決断するためのきっかけを、一緒に探してみましょう。

汚部屋を片付けている写真

決断のきっかけは、汚部屋のデメリットの中に潜んでいると思います。

そこで、汚部屋のデメリットをリストアップしますから、あなたが片付けを決断する「きっかけ」になるものはないか、真剣に考えてみてください。

デメリット1【悪臭、害虫の発生】

生ゴミを放置すると、悪臭だけでなく、ゴキブリ・ハエ・ウジ・ダニなども発生し、ネズミも繁殖します。ゴキブリは大腸菌などを保有していることもありますし、ネズミやダニの糞は喘息やアレルギーの原因にもなります。

ゴキブリのイラスト

人体に悪影響があるのは、間違いありません。あなただけでなく、お子さんの健康にも問題が出る可能性があります。

また、すでにご近所にも迷惑をかけてしまっているかもしれません。大きな問題に発展してしまってからでは、さらに対応が難しくなります。

デメリット2【カビの発生】

人に汚部屋を見られるのが嫌なので、窓・カーテンやシャッターを締め切り、外から見えないようにしてしまいがちです。その結果、換気が不十分になり、カビが発生しやすくなります。

お風呂のカビの写真

カビも深刻な病気を引き起こす原因になり得ます。たかがカビで済ますことができる問題ではありません。ネットで調べ、この問題をしっかり理解しておきましょう。

デメリット3【建物・部屋への影響】

湿気や腐敗したモノ、大量のゴミなどを長年にわたり放置すると、床や壁に深刻な被害を与えてしまうことがあります。

畳が沈み込んでいる写真

時間が経てば経つほど、悪化します。なるべく早く片付けることが、最も経済的な方法です。

デメリット4【探し物が見つからない】

日用品どころか、健康保険証や通帳、印鑑など、大切なモノもどこにあるのかわからなくなってしまい、しょっちゅう探し物をしている。

探し物が見つからなくて、困っているイラスト

探し物をしている時間は、無駄そのものです。それに、探し物をしている時、あなたはとてもイライラしているはずです。

そういった無駄な時間がどのくらいあるか、日々の行動を振り返ってみてください。

デメリット5【無駄な買い物が増える】

これは、探し物が見つからないことと関係しています。どこにあるのかわからないから、とりあえず買う、ということを繰り返してしまいます。お部屋の状態が酷くなればなるほど、この傾向は加速します。

たくさんのモノを買っているイラスト

家にあるはずのモノ、必要のないモノを買ってしまう頻度を思い出し、どれだけ無駄な買い物をしているか、再確認しましょう。

デメリット6【くつろげない】

くつろぐスペースや寝るスペースがないと、疲れが取れません。

また、団らんのスペースがなくなると、家族間のコミュニケーションが減ってしまいます。

疲れている女性のイラスト

疲れが取れないと、何事にもやる気が起きません。ご家族の様子はいかがですか?

デメリット7【家に人を招くことができない】

あまりにもお部屋が汚いと、友人を招くことができません。また、急な来客があると焦ってしまいます。

汚部屋の玄関の写真

友人に遊びに来てもらえないことや、宅配便が来るだけでもドキドキしたりすることなどが、ストレスになっていませんか?

デメリット8【危険】

ゴミやモノで床が見えないと、足元が不安定なため、転んでケガをしてしまうかもしれません。何か尖ったものが落ちていると、さらに危険です。

汚部屋のリビングの写真

小さなお子さんやご高齢の方がいらっしゃる場合は、特に注意が必要です。

デメリット9【教育に悪影響】

あなたのお部屋が汚れていれば、お子さんのお部屋も同じ状態であることが一般的です。

おもちゃを散らかす子供のイラスト

あなたが片付けないのに、お子さんが片付けるようになるでしょうか?

お子さんと一緒に片付けをすることで、片付けの習慣をつけてあげたいですね。

片付けることで、デメリットがメリットに

デメリットばかりを考えていると、気分が落ち込みそうですね。

しかし、片付ければ、すべてがメリットに変わります。たくさんあるデメリットが全部解決します。

それって、すごいことだと思いませんか?

「汚部屋を片付ける」という一つの行為が、あなたの生活を一変させるのです。

幸せな家族のイラスト

ポジティブに考え、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ご家族を説得し、一緒に片付ける

ご家族で暮らしている場合は、人数分だけ散らかっているため、片付け切るには、一人暮らしの場合よりも時間が必要です。それに、何年もかけて汚部屋になったのですから、ある期間は我慢して片付けなければいけません。

しかし、片付けを続けていくうちに、お部屋が徐々にキレイになり、喜びを感じる日がきっと来ることでしょう。

片付けなければ、という気持ちになったのです。その気持ちを大切にしましょう。

ガッツポーズのイラスト

片付けは、一人よりも、なるべく大勢でするほうがいいに決まっています。しかし、ご家族に汚部屋でも全然平気な方がいらっしゃる場合は、とても難しいかもしれません。

そんな時、旦那さんが非協力的ならばお子さんを味方にする、ご両親が非協力的ならば、お孫さんに言ってもらうなどは、有効な対抗策になるかもしれません。

子供がおばあさんに話しかけているイラスト

この記事が、汚部屋の片付けを決断するきっかけになれば、嬉しく思います。

スタッフのやっさんをご紹介します

ぶちょ〜の森です。

今回ご紹介するのは、やっさんです。

スタッフのやっさんの写真1

【ニックネーム】安永

【出身】愛知県出身。

【経歴】システムキッチンや水回り施工などのプロフェッショナルな仕事を経験の後、2014年6月に弊社に入社。

【趣味】ゲーム、プロレス観戦

(怖くて本人には聞けませんが、お人形さんが好きかも…)

証拠写真↓↓↓

スタッフのやっさんが人形を抱いている写真

【性格】一見、堅物に見えるが、多様な価値観を受け入れることができる。とっても柔軟で、同僚のベシャリ岡本以外には優しい(^^)多少のことでは動揺しない。付き合えば付き合うほど、味が出るタイプ。

【特技】頑固な職人肌。安心して仕事をまかせることができる。「オレ、優しいだら?」などとスペシャルな三河弁を駆使し、ワイルドな魅力を振りまいている。

やっさんが片付けに伺っても、「お人形さんが好きなんですか?」と聞くのだけはやめてください。秘密にしておいてあげましょうね!

 


関連記事