toggle
2018-08-30

汚部屋脱出方法!成功のために 1番大切なこと

ゴミ屋敷や汚部屋、モノの多すぎるお宅を片付けた後、お客さまにすっかり綺麗になったお部屋をご覧いただくと、とても喜んでいただけます。

ビフォー【汚部屋片付け前の写真】
汚部屋片付け前の写真

アフター【汚部屋片付け後の写真】
汚部屋片付け後の写真

片付け後は、とってもスッキリ!

本当にやりがいを感じます。

片付けトントンスタッフの写真

しかし、過去にはスッキリしない現場も何回か経験しました。

スタッフは「今日はこんな感じに仕上げたい」というイメージを持って作業するのですが、お客さまのご希望を優先すると、どうしてもイメージどおりにいかない場合があります。そんな時は、お客さまのご指示とはいえ、片付けトントンをご利用いただいて本当に良かったのだろうかと感じてしまいます。

1、捨てる物はない

大量の衣類や本、通販で購入したモノ、ゴミなどが膝から腰の高さくらいまでゴチャゴチャに山積みになっていて、足の踏み場のないお宅の片付けをした時のことです。

ご依頼内容は、和室、リビングとキッチン、廊下の片付けと簡易清掃です。

ゴミ屋敷リビング片付け前の写真

お客さまは「捨てる物はほとんどない。通販カタログと明らかにゴミとわかるものだけ捨てて」とおっしゃいました。

押し入れやタンスなどに収納するための十分な余力があれば良いのですが、そんなにたくさんのモノを収納しきれるはずはありません。

お客さまには「何年も着ていないお洋服は処分された方が良いと思います。」などとアドバイスさせていただいたのですが、「やはりとっておく」ということになりました。

収納しきれないモノは、段ボールに入れます。

持ってきた段ボールで足りるかどうか、とっても不安です。

2、ゴミの分別と段ボール詰め作業

まずは、ゴミを分別しながら、取っておくモノをひたすら段ボールに入れていきます。

部屋の中は、片付け前のモノとたくさんの段ボールで溢れかえります。身動き一つできない状態です。

ゴミ屋敷で段ボールに要る物を詰めている写真

詰め終わった段ボールには何が入っているのか、その概要をマジックで書いておきます。なるべく具体的に書きたいところですが、時間的にも物量的にも、とても書ききれません。

スペースができるまで、段ボールは部屋の外に避難させておきます。スタッフは、段ボールやビニール袋を持ってあっちに行ったり、こっちに行ったり…。なんとも効率の悪い作業になってしまいます。

3、ゴミや資源に、ほっと一息

作業をしていると、取っておくもの以外に、ゴミや空き缶・空きビンなどもたくさん出てきます。

スタッフは、「取っておくモノが多すぎる気がする。捨てないと片付かない。今日は本当に大丈夫だろうか?」という不安を抱えながら作業していますから、捨てても良いモノが出てくると、なんだかほっとします。

ゴミが愛おしいような…。妙な気分です(^^)

4、通販カタログと格闘

「通販カタログは捨てて良い」とのことでしたが、ビニールに入ったままのものが、それはもう、ビックリするくらい出てきました。リサイクルするためには、ビニールと紙を分けなければいけません。その作業に、相当な時間がかかってしまいました。

通販カタログの写真

5、お客さまからの「〇〇がなかった?」にドキッ!

事前に探し出すモノをお聞きして作業にかかるのですが、作業途中にお客さまから「そのへんに〇〇がなかった?」と聞かれることがあります。

今回は…

お客さま「そのあたりにキャッシュカードがなかった?」

スタッフ(ドキッ!捨てるはずはないけど…。)

    「ど、ど、ど、どのあたりですか?」

お客さま「そのタンスの引き出しの中。」

スタッフ「そ、そこは、まだ手を付けてないです。」

お客さま「あった、あった。これがないと困るんだよね。」

スタッフ「あって良かったです。」

ドキドキが止まりません!

 

しばらくして…

お客さま「電話機のアダプターなかった?」

そのあたりで作業していたのは、片付けトントンの部長です。

部長「この電話機ですか?アダプターはつながっていなかったと思うんですが…。」

お客さま「・・・」

部長「で、でも、段ボールに入れてしまったかもしれないので、調べてみます。」

スタッフが「コード類」と書いてある段ボールを開けてみます。

スタッフ「部長、その電話機に合うアダプターはありません。」

部長 (やべっ!こ、ここは冷静にならねば…)

取っておくものを詰め終わった段ボールは、すでに20箱を超えています。

部長「悪いけど、入ってそうな段ボールを開けて探してみて。」

スタッフ「はい。」

ほとんどの段ボールを開けて探します。

スタッフ「見あたらないです。」

部長(マジで!ワシのせいだ、やっぱりワシのせいだ…よね?)

部長「も、申し訳ありません。アダプターが見あたらないので、電気屋さんでアダプターを注文させていただいてよろしいでしょうか?もし、電話機の方が安かったら、電話機を交換してもよろしいですか?費用は、もちろんこちらで持ちます。」

お客さま「いいですよ。」

部長(ああ、良かった!あとは、社長にバレないようにすればOKだな。)

アダプターよりも電話機の方が安かったので、電話機を買ってきて接続し、お客さまにご了承いただきました。

 

あとで部長がスタッフに「このことは社長には内緒な」と言っていました。ブログに書いてしまったのでばれるかもしれませんが、時効が成立しているので大丈夫かと思います。

6、お掃除

ひととおり片付けがすんだら、お部屋の中のモノをあちこち移動しながら、ホコリ払いや掃除機掛け、壁や床などの拭き掃除をします。なにせ、掃除は何年振りだろうという状況ですから、すごいホコリです。

リビングを掃除している写真

ホコリだけなら良いのですが、床や畳の汚れや傷みが激しい場合は大変です。長年、水分や油分の多いゴミが堆積していると、床や畳の汚れが簡単には落ちなくなってしまいます。

簡易清掃のご依頼でしたが、できる限り綺麗にしました。

床掃除をした後の写真

このお宅ではありませんが、最悪、こんな状態になってしまうこともあります。

床に穴が開いた写真

壁が損傷している写真

7、整理整頓?

外に出しておいた詰め終わった段ボールを、部屋の中に運び入れます。たくさんあるので、押し入れの中には入り切りません。部屋の壁面が段ボールやビニール袋で埋まります。窓をふさがないようにするのが精一杯。押し入れの前にも置かざるを得ません。

部屋が段ボールでいっぱいの写真

段ボールに入ったモノは、後でお客さまがご自身で片付けるそうです。ちょっと無理じゃないかな、とも思いましたが、(引越しの荷物だと思えば…)できるかもしれません。

8、作業を終えて

1日目は7人、2日目は5人で作業させていただきました。

いるモノとして段ボール詰めしたのは40箱

通販カタログや雑誌、缶や金属類などの資源は、約300kg

ゴミは40~50袋になりました。

資源は会社に持ち帰り、リサイクルします。

ゴミは、お客さまが出されるとのことでしたので、庭先にまとめ、ブルーシートをかけておきました。

床が見え、生活動線は確保でき、掃除もひととおり終わりました。お客さまには、とても満足していただきました。

「今度、実家も頼むね」と嬉しいお言葉もいただき、お客さま宅を後にしましたが、ちょっと心にモヤモヤとした感じが残りました。

ゴミ屋敷を片付けた後の写真

もっと捨てるよう、アドバイスできれば良かった…

反省しなければ!

9、捨てない片付けのデメリット

収納の割にモノが多すぎる場合、捨てないで片付けようとすると、段ボールに詰め込む、押し入れにギュウギュウに詰め込むなど、無理な収納方法を取ることになります。

その時は、あとから片付けるという気持ちでいても、本当にできるでしょうか?

…ほとんどの場合、難しいと思います。

とりあえず見えないところに押し込んでおけば、床が見え、片付いたような気持になるかもしれません。しかし、探し物はなかなか見つからず、どこかにあるモノをまた買うということを繰り返し、徐々に元の状態に戻っていってしまうかもしれません。

10、まず、捨てることから始めましょう

自分で片付けるにしろ、業者に頼むにしろ、まずいらないものを捨てることが大切です。

モノが多すぎる場合、収納場所が足りません。捨てたり、リサイクルしたり、買い取ってもらったりしましょう。

片付いた部屋は、憩いの場所になります。

綺麗な部屋なら、友達も呼べます。

片付いた後は、ステキな生活が待っています。

 


関連記事