toggle
2020-03-13

ゴミ屋敷片付け道具、準備の様子をざっくりご紹介

YouTubeをご覧の方から、「現場に赴く際に用意する道具一式の紹介が見たいです」とのリクエストをいただきました。

ゴミ屋敷の片付けに持っていく道具を準備している竹内の様子

他にも、次のようなリクエストがありました。

今回は、準備の様子や使っている道具などを、なるべくたくさんご紹介します。

準備の様子

前日に指示書を確認し、道具類を準備します。

持ち物が書いてある指示書の写真

持ち物リストにチェックしながら道具を選びます。

チェックしながら道具を選んでいる岡本さんの様子

岡本さん、ちゃんとチェックしないとミスしますよ!

当日の朝は、ミーティングをしてから出発です。

【360°出発前の写真】(Internet Explorer 、一部のスマホで見ることができない場合があります)

さて、どんなものを積み込んでいるのでしょうか?

体を保護するもの

ゴミ屋敷・汚部屋を片付ける時は、安全に作業するという心構えがより大切です。

基本の持ち物

マスク、スリッパ、靴カバー、作業用手袋(ゴム・ビニール手袋、軍手)

スリッパは使い捨てになることも多いので、100均で購入しています。

マスク、スリッパ、靴カバー、作業用手袋(ゴム・ビニール手袋、軍手)などの写真

ゴミが多くて危険なものがありそうな時は、安全靴に靴カバーを着用し、ゴミが減ってきたらスリッパに履き替えます。

汚れが強い場合

使い捨ての防塵服、長靴、保護メガネを着用して作業します。

完全防備(防塵服、ゴム手袋、防塵マスク、保護メガネ、靴カバー)をしてメガネが曇った岡本さんの写真

完全防備の岡本さん。

眼鏡が曇って、心なしかマスクがずれているようにも見えますが・・・

とても頼りになりそうです。(^^)

殺虫、防虫、除菌、消臭に必要なもの

ゴキブリ、ハエ、ハチ、蚊などの駆除や、染み付いた臭いなどを除去するための道具も必要です。

基本の持ち物

殺虫剤、虫よけ(蚊取り線香)

ゴキブリが大量に繁殖している場合、バルサンやアースレッドなどの殺虫剤を使います。

ゴキジェット、ハチジェット、アースレッド、虫よけなどの写真

殺菌や消臭が必要な場合

少し臭う程度なら、簡易な機械で作ったオゾン水を壁や床などに噴霧します。

オゾン水生成器の写真

臭いが強い場合は、オゾン発生器で部屋の隅々までオゾンを充満させます。消臭・殺菌効果は高いですが、オゾン発生器の作動中は人もペットも部屋に立ち入ることはできません。

オゾン発生器の写真

分別に必要なもの

分別する時に使うものをご紹介します。

ゴミや資源の分別に使うもの

市町村指定のゴミ袋、90Lの透明袋、手箕(てみ)、ビニール紐

梱包資材

ダンボール、梱包テープ、養生テープ、油性マジック

取っておくものは、空いた小箱に入れることが多いですが、ご要望に応じ新品のダンボールを持参し、詰めてお渡しすることもあります。たくさんある場合は、ダンボールに何を詰めたのか書いておきます。

解体などに必要なもの

大きすぎて運び出せない時には、解体をします。

身に着けているもの(7つ道具)

スタッフには、道具セットが支給されています。

腰からぶら下がっている道具セットの写真

すべて中身を出してみました。

ドライバー、スパナ、モンキー、六角レンチの4つが入った道具セットの画像

左から、スタビードライバー、ミニモンキーレンチ、ミニ六角棒スパナセット、マイクロニッパー。

それぞれの使用例をご紹介します!

スタビードライバー

柄が短いので、普通の長いドライバーでは使えない場所でも大丈夫です。洗濯機や電子レンジのアース線を外す時などに重宝します。

スタビードライバーでアース線を外そうとしている様子

ミニモンキーレンチ

ボルトやナットの大きさに合わせてサイズ調整ができるので、使い勝手が良いです。

ミニモンキーレンチでボルトを緩めている様子

ミニ六角棒スパナセット

六角穴付きボルトは、家具などに良く使われています。

コンパクトでも普通サイズの家具なら十分解体できる優れものです。

ミニ六角棒スパナで家具を解体している様子

マイクロニッパー

針金などを手軽に切断できるマイクロニッパーも、意外に役立ちます。

マイクロニッパーで針金を切断しようとしている様子

腰袋に必要なものを入れておくと便利ですね。

でも、こんな使い方は間違っています。

田中さんがモデルガンを構えて、腰袋を着用している写真

道具箱、脚立など

道具箱も必須です。

道具箱の中身を出した状態の写真

状況により脚立や安全帯も持っていきます。

運搬に必要なもの

床や壁を保護したり、運搬を楽にするための道具です。

保護するためのもの

養生マットを敷いたり、ブルーシートを養生テープで固定するなどして、床や壁に傷がつかないようにします。

養生マットで階段や床面を保護している様子

通路が狭い場合や、リユースする場合、大きな家具などをジャバラで包み込みます。また、ラッシングベルトで固定すると、ジャバラが滑らなくなり運搬しやすいです。

ジャバラを使って家具を保護している様子

運搬が楽になるもの

取っ手がついていない大きな物は、肩掛けパッドを使い2人で運び出します。

肩掛けパッドを使って運搬している様子

状況により台車も使いますが、オーソドックスなのは取っ手付き台車です。取っ手のない平台車は小回りが利き、カゴ台車なら一度にたくさんのものを運べます。

取っ手付き台車、平台車、カゴ台車の写真

エレベーターがない時は、三輪階段昇降機を使います。体への負担が少なく安全に運搬できます。

階段で三輪階段昇降機を使って荷物を降ろしている様子

大きすぎて階段から降ろせない場合には、ロープで吊り降ろします。

ロープで家具を吊り降ろしている写真

掃除に必要なもの

どこの家庭にもあるものも、たくさん使っています。

ホコリの除去に使うもの

ホウキ、チリトリ、洗車ブラシ、刷毛(はけ)、掃除機

ホウキ、チリトリ、洗車ブラシ、刷毛(はけ)、掃除機の写真

ホウキとチリトリで大きなゴミを取り除いたあと、洗車ブラシで上からホコリを払い、細かい部分には刷毛(はけ)を使います。

最後は掃除機で仕上げます。

汚れの除去に使うもの

まずは、バケツと雑巾がないことには始まりません。

バケツ、雑巾の写真

雑巾は、古い手ぬぐいなどを再利用すればよいと思います。

スポンジ類

スポンジ、アルミメッシュスポンジ、スコッチブライトは、掃除する場所の素材や汚れの度合いを考慮して使い分けます。

スポンジ、アルミメッシュスポンジ、スコッチブライトの写真

ブラシ、ヘラ

スポンジ類で落とせなかった汚れには、タイルブラシ、Jブラシ、プラスチックヘラなどを使います。

素材を傷つけないよう、擦りすぎには注意です。

タイルブラシ、Jブラシ、プラスチックヘラの写真

仕上げ

マイクロファイバークロスは、繊維のきめが細かくギザギザなので、汚れをしっかり絡めとってくれます。また、吸水性や速乾性が高いので拭き上げに適しています。

マイクロファイバークロスを使って拭き上げしている様子

ただし、柔らかい素材を傷つけるおそれがあるので、コーティング・塗装されたもの(漆・メッキ・ワックスなど)には使わないでください。

洗剤

汚れを落とすのに洗剤は欠かせません。酸性、中性、アルカリ性など、汚れの質によって使い分けています。

様々な洗剤が並んでいる様子の写真

まず水拭きをし、汚れが取れなかったら中性洗剤を使います。

さらに中性洗剤でもダメだったら、酸性洗剤やアルカリ性洗剤で汚れを落とします。

特殊な汚れの場合

カビや尿石といった強い汚れには、カビキラー、サンポールなどを使います。

「混ぜるな危険」の表示がある物は、間違った使い方をすると大変危険なので、使用上の注意をよく守りましょう。

混ぜるな危険の注意表示の写真

水道や電気が使えない場合

ワークライトやタンク式の充電高圧洗浄機があれば、水道や電気が止まっていても対応できます。

ワークライト、タンク式の充電高圧洗浄機の写真

どうしても電気が必要な場合には、発電機を持っていくこともあります。

伐採や除草に必要なもの

ナタ、太枝切バサミ、チェーンソー、草刈り機、噴霧器(除草用)

ナタ、太枝切バサミ、チェーンソー、草刈り機、噴霧器(除草用)の写真

帰社後のメンテナンス

片付けから戻ったら、道具類をすべて降ろします。

車から荷物を降ろしている安永と宮井の様子

使った道具をメンテナンスをして、元の場所に戻したら完了です。

整理整頓してある道具保管場所の様子

次の準備がすぐにできるよう、日頃から整理整頓を心掛けています。

今週の出物コーナー

お客様にいただいた可愛らしい物、クスっと笑えるような物をご紹介するコーナーです。

今回は、雪だるま弁当箱です。

凛々しい顔の雪だるま弁当箱の写真

このキュートな姿を一目見て、ご依頼主様に「これ、いただけませんか?」と、前のめりで交渉してしまいました。

調べてみると、誕生したのは1987年8月。雪だるまなのに、なぜ誕生日が真夏なの?とツッコミたくなってしまいました。

雪だるま弁当箱を開けて2つに分かれている写真

新潟駅、新津駅の駅弁売場で販売しており、定番の白をはじめ、ピンク・青・橙・緑色があります。

さらに、幻と呼ばれている黒色は、予約でも確実に入手できるわけではないそうです。

しばらく触っていると、面白い仕掛けに気付きました。

悲しい顔の雪だるま弁当箱の写真

な・・・なんと表情が変わりました!かわいい・・・。

眉毛と鼻が可動式なので、その日の気分に合わせて、お好きな顔が楽しめます。

さらに、食べ終わった後は貯金箱にもなるという優れもの。

雪だるま弁当箱の口に500円玉を入れる様子の写真

500円玉が約600枚、30万円相当も入るようです。なんて機能的なお弁当箱なんでしょう、ちょっぴり感動しました。

捨てられずに取っておいた、ご依頼主様の気持ちが、私にも少し分かりました。

雪だるま弁当箱が遠くを見ている様子の写真

次はどんな出物に会えるのか、ちょっぴりワクワクしています。

汚部屋掃除を成功させるには、あることを意識するかどうかが大きなポイントです。

実感!汚部屋脱出成功のために 1番大切なこと

次のブログは、片付ける時の気持ちの持ち方や必要な時間について書きました。

片付けは遠足!?気の持ちようを考えた

ゴミ屋敷や汚部屋は、そのお宅ごとにゴミの量や汚れ具合が大きく違いますから、お見積もりに伺わないと正確な金額を出すことはできません。

そこで、どのくらい料金がかかるのかをご想像いただけるよう、「片付けトントンの豊富な片付け実績、リアルな料金相場」について記事にしました。

ゴミ屋敷片付け・掃除の費用、リアルな料金相場

Pocket

関連記事

コメント6件

 天野 | 2020.03.13 19:05

掃除の神、竹内さんご紹介のウタマロクリーナー、思わず検索してしまいました!
アマゾンの評価、流石高かったので、近所の薬局に無かったら、取り寄せ予定です♪

あと。
岡本さんの完全防備…。
イケてました(*^_^*)

 片付けトントン | 2020.03.14 9:17

天野さま。
部長の森です。
ウタマロクリーナーは使いやすいですね~。私も家で使っています。
岡本君のおしゃべりを減らせる防備アイテムも欲しいと思っているのですが、何かおススメがあったら教えてください。ぜひ!
コメント、ありがとうございました!

 ゆき | 2020.03.14 22:54

岡本さんの格好に声出して笑いました!

ウタマロ石けん!私も使ってます✨
竹内さんの紹介だとすっごい綺麗になりそうなパワーがありますね笑

 片付けトントン | 2020.03.15 7:26

ゆきさま。
部長の森です。
岡本君は何をしてもギャグっぽくなるので、うらやましい限りです(笑)
竹内君は、お風呂に入るたび、お風呂の壁を一面ずつ掃除しているそうです。やばいヤツです。
コメント、ありがとうございました!

 S I | 2020.05.18 2:31

最近YouTubeを見始めてブログも拝見しています。
この雪だるま弁当、15年ほど前に祖母が買ってくれ最近まで存在を忘れていたのですが、祖母の終活のため台所の戸棚を開けると雪だるまが4体 無造作に転がっていました、、、笑
ついこの間、捨てたばかりで雪だるま弁当や〜!と思い、ついついコメントしてしまいました。

 片付けトントン | 2020.05.18 8:04

S Iさま。
部長の森です。

雪だるま弁当、ほのぼのしますよね~!
コメントをいただき、私もほのぼのしました。

コメント、ありがとうございました!

Comment





Comment