toggle
2020-07-10

義理のご家族様宅の片付け_ご依頼主様の思いに触れて

結婚すると家族が増える分、楽しいことも増えますが、一方でやはり大変なことも起こります。今回は、お義母様や義理の弟様のために奔走された優しいご依頼主様のお話です。

パソコンで作業しているスタッフの様子

お義母様の施設入所のための片付け

5月のことでした。

「主人の母親が住んでいた長屋を引き払いたいので片付けてほしい」というお問合せをいただきました。

ご家族からの推薦ということもあり、すぐにご成約となりました。

片付け作業の様子

「玄関周辺に生い茂った草も刈ってほしい」というご希望だったので、1名は草刈り担当です。

お家の広さは2DK。処分する物、取っておく物(古銭、未開封の家電など)が明確だったので作業が捗りました。

積込みが済んだので、ご依頼主様と一緒に市のゴミ処理場まで向かい、可燃・不燃ゴミを処分しました。

残ったスタッフで簡易清掃を済ませ、無事、大家さんに返却完了です。

1日でパパっと片付き、ご満足いただくことができました。

義理の弟様の遺品整理

1年ほど過ぎたある日のことです。

「主人の弟が亡くなり、住んでいた家を売却したいので遺品整理をお願いしたい」というお電話がありました。

前回はお義母さん、今回は義理の弟様と、いろいろ奔走なさっているお姿に、力いっぱいお応えしたいと思いました。

お見積り

お住まいは、2階建ての一軒家。お庭のお手入れをされていなかったためか、庭木や雑草がうっそうと茂っていました。

まずは、1階から拝見します。玄関入ってすぐ右手に広いリビングがありました。

片付け前の1階リビングの様子

そのほか1階には和室が3つありましたが、いずれもモノが少ないので、すぐに片付きそうです。

2階へ上がると、洋室が2つと納戸が1つありました。

倉庫のように不用品が山積みで、なかなか手強そうです。

片付け前の2階にあるお部屋の様子

ご依頼主様からは、次のご要望がありました。

確かに人が住んでいないと思われると、空き巣に狙われるかもしれません。早く片付けて安心していただきたいと思い、「すぐにでも対応可能です!」とお答えしました。

作業1日目の様子

草刈りと庭木の伐採をスタッフ3名で実施。

かなり広いお庭だったので、1日では終わりませんでした。

翌日は、除草作業の残り、カーポートと物置の撤去をする予定です。

作業2日目の様子

この日のスタッフは4名。朝から雨が降っており、カッパ着用で作業を開始しました。

物置は、解体する前に中のモノを分別しなければいけません。

【物置の中360°ビフォー写真】(Internet Explorer 、一部のスマホで見ることができない場合があります)

ハチの巣は、ここにあったようです。ハチジェットで駆除してから作業を行いました。

ひと段落ついた頃、「雨の中、ご苦労様。みなさんでどうぞ」と、ご依頼主様がお茶とお菓子を差し入れてくださいました。本当にありがとうございます。

外の作業は予定どおり終了したので、明日からは家の中の作業に取りかかります。

作業2日目が終わった夜にお電話が・・・

「義母の体調が思わしくないので、片付けの日程を延期したい」とのことでした。

お電話の向こうからは、かなりお疲れの様子が感じられました。どうかご無理なさらないでほしいと願いつつ、「再開の目途がついたら、あらためてお知らせください」とお伝えしました。

その後も、「まだ体調が思わしくなくて、もう少し伸ばしても大丈夫ですか?」、「あと少しで落ち着きますので、もう少しお待ちください」と、お忙しいにもかかわらず、業者にまでこまめな連絡をくださり、本当にありがたく思いました。

義理の弟様の遺品整理を再開

作業中断から2か月半が過ぎた頃・・・。

「お世話になっています。先日、義母は安らかな眠りにつきました。作業の再開は、49日が過ぎた頃からお願いできますか?」というご連絡をいただきました。

頭の中が一瞬真っ白になりましたが、何とか冷静さを保ちつつ、今後のスケジュールをお伝えしたような気がします。

目標は、2日間で家の中のモノを分別・処分することです。

1階の片付けの様子

スタッフは5名、1階と2階に2名づつ、運搬に1名という配置でスタート。

1階は、まずリビングから始めます。机の上の物から順に分別を行い、空っぽになった家具は部屋の隅っこに集めていきました。

片付け後のリビングの様子

それほど多くなかったので、すぐに片付きました。

片付け後のリビングの様子

続いて、北側にある和室の片付けです。

タンスには大きなカギが付いており、この中から権利書などの重要書類が見つかりました。

片付け前の北側にある和室の様子

こちらの部屋も、あっという間にスッキリしました。

片付け後の北側にある和室の様子

1階のラストは、仏間です。

お経をあげていただいたのち、お仏壇はお寺さんに運ばせていただきました。

片付け前の仏間の様子

仏間には大切な物がある可能性が高いので、十分に注意して分別しました。

片付け後の仏間の写真

2階の片付けの様子

東側の洋室は、モノが胸の高さまであります。

片付け中の東側にある洋室の様子

クローゼットの中も空っぽにして、この部屋は完了です。

片付け後の東側にある洋室の様子

続いて、西側の洋室です。

扉が外れてしまったようで、部屋の中に立て掛けてありました。

片付け前の西側にある洋室の様子

クローゼットの中から大量の雑誌や新聞などが出てきました。

片付け中の西側にある洋室の様子

運び出しが終わり、ホコリ払いと掃除機掛けを実施。

片付け後の西側にある洋室の様子

階段の横にあった納戸の中もスッキリです。

空っぽになった納戸の様子

1人分の幅しかない、かなり急な角度の階段です。

約2トンもの雑誌や新聞は、ここから地道に運びました。

狭くて長い階段の様子

分別を終えてゴミ処理場に

ゴミ処理場には、ご依頼主様に同乗していただきました。ゴミを処分して戻ると、残ったメンバーがちょうど簡易清掃を終わらせたところ。

1階も2階もすっかり綺麗になった様子をご覧になり、「途中、ご迷惑をおかけしましたが、本当に助かりました」とおっしゃってくださいました。

ご主人様の看病、義理の弟様の遺品整理、お義母様の葬儀と、本当に大変だったことでしょう。情に厚くとても優しい方だから出来たのだと思います。

約4か月越しの片付けでしたが、何とか無事に終えることができてホッとしました。

片付け料金

片付けを終えて

スタッフの日報です。

次のブログには、遺品整理のお手伝いをさせていただいた時のことを書きました。

思いがけない遺品整理のご依頼

遺品整理の最初の一歩をお手伝い

片付けトントンは、遺品整理や実家の片付けを承っています。弊社の遺品整理士が、心を込めてお手伝いさせていただきます。

詳細は、「遺品整理サービスページ」をご覧ください。

遺品整理サービスページ

Pocket

関連記事

コメント8件

 かえでともみじ | 2020.07.10 13:27

 いつもYouTubeやブログを楽しくみています。
 私の県外に住む義祖母が亡くなった時(数十年一人暮らし)、遺品整理の大変さを感じました。傘だけで十数本、着物や洋服、食器類など多く、何度も清掃工場へ通っていました。
 それを教訓にして、YouTubeをみながら、我が家を楽しく掃除しています。
 依頼主さん達は、片付けトントンさんに出会えて幸せだなと思います。依頼が出来て、うらやましいです‼︎愛知県に住みたい‼︎

 Twitterのリツイートで片付けトントンさんのイラストをみかけると、思わずスクショする程素敵なイラスト達が^_^
 片付けトントンさんのLINEスタンプもあったらいいな、欲しいな、と思っています。

 今日もYouTubeを楽しみにしています‼︎

 片付けトントン | 2020.07.10 15:24

かえでともみじさま。
スタッフの小田です。いつもありがとうございます。

義祖母さまの遺品整理のお話、とっても頑張られたのですね。
また、それを教訓に楽しくお掃除をされるポジティブさ・・・私も見習わせていただきます!

皆さまが書いてくださる素敵なイラストやスタンプは、私もニコニコしながら拝見しております。(^^)
もっともっと皆さまにご満足いただけるよう、これからも努力してまいります!

本日のYouTubeもお楽しいただけたら幸いです。
コメントありがとうございました。

 ささのは | 2020.07.10 15:19

ブログの更新ありがとうございます。
週末にこちらのブログを読むことは。。。楽しみ?。。。というか日常の暮らしを整えるツールのような気がします。
スタッフ様の仕事に対する気持ちや、依頼される方の気持ち(悩み、迷い・・)が読み取れて私の中にチビチビと積みあがるのです。もちろん!善いものとしてですよ!

今回のブログも長期間の案件だったのですね。お疲れ様でした。
梅雨最中で大変なお仕事環境ですが、どうぞご自愛ください。

七夕は雨でした、、
♫五色の短冊 わたしが書いた お星さまキラキラ☆彡 空からみてるぅ♪

 片付けトントン | 2020.07.10 15:38

ささのはさま。
部長の森です。

「日常の暮らしを整えるツール」とおっしゃっていただけて、最高に嬉しいです。
引き続きお読みいただけたら幸いです。

そういえば、七夕でしたね!
ささのはさまに、たくさんのいいことがありますように!

 めぐみ | 2020.07.15 14:10

12月に父が亡くなり、父、祖母、その前の時代からの実家を片付けて更地にしなければならなくなり、実家のある他県との往復をしながら片付けていましたが、コロナの影響で移動できなくなり、仕事はなくなり暇になったのに全く片付けが出来ないまま放置状態でした。
実家の方にも御社の支店があれば即決でお願いするのになぁとつくづく思います。
コロナで仕事が無くなってから見始めて、毎日必ずどれか動画を見ています。それが唯一の楽しみです。
ファンというよりももう、トントンのメンバーさんは毎日見ないと落ち着かない存在です(笑)。
頑張ってください。

 片付けトントン | 2020.07.15 14:39

めぐみさま。
スタッフの小田です。

お父様がお亡くなりになったとのこと、謹んでお悔やみ申し上げますとともに心からご冥福をお祈りいたします。

私たちが片付ける様子を励みにしていただいているとのこと、ありがとうございます。

遺品整理は何かと大変かと存じますが、あまりご無理をなさらないよう、ご自愛ください。スタッフ一同、陰ながら応援しています。

コメントありがとうございました。

 りさ | 2020.09.09 18:56

毎日、動画かブログを読みながら片付けを手早くするには…を勉強させていただいています。

そして、スタッフさんの気持ちが温かく伝わってきます。

 片付けトントン | 2020.09.10 8:04

りささま。
スタッフの小田です。いつもありがとうございます!

私たちも日々勉強、日々精進。そして・・・日々感謝!
これからも頑張ります。

Comment





Comment