toggle
2019-09-16

片付けに集中できない…成功のための5つのルール

片付けに限らず、ちょっと面倒なことをしようとすると、なかなか思うようには進みません。さらに、次々と襲ってくる「もう、やめよう」という誘惑!集中力を維持するのは、本当に大変です。今回は、集中力を保って片付け切る方法について考えてみました。

考えている写真

YouTubeをご覧の方から、次のようなご質問もいただいています。

この記事をお読みいただき、解決に向かうことができたら、心から嬉しく思います。

片付けに集中できないわけ

問題を解決するには、まず、その原因をつかむことが大切です。

1、集中できない環境にある

スマホは、気が散る原因のナンバーワンです。

特に用事がなくても、片付けの手を休めてスマホを見てしまいがち。そして、その内にスマホを見るのがメインになってしまいませんか?

スマホを見ている写真

テレビや漫画、ゲームなども、気が散る原因です。

気が散りやすいものが近くにあると、ついつい手に取ってしまい集中できません。

2、苦手意識がある

得意なことや好きなことをする時は、誰でも集中して続けることができますが、苦手なことや嫌いなことをする時は、苦痛に感じて、続けられなくなってしまいます。

頭を抱えている写真

片付けは、一つ一つのステップは決して難しいものではありませんが、苦手だという固定観念を持ってしまうと、集中することが難しくなります。

3、締め切りがない、強制力が弱い

締め切りが迫っている仕事があると、たいていは必死でやります。

しかし、片付けは、どうしても今日中にやらなければいけないということもないし、どこまで片付けるかもあいまいです。

もう一人の自分が、「明日にしよう」と甘い言葉を囁きかけてくれば、簡単にあきらめてしまいます。

あきらめている写真

家族に片付けるように言われるケースもありますが、片付けなくても、仕事ほどには強制力はありません。

4、給料が出ない、ご褒美がない

一般的に、家事には明確な報酬がなく、モチベーションが維持しにくいと思います。

次のようなご質問もいただいています。

仕事なら報酬もあるし、強制力も働いて何とかなりますが、家事はある意味、仕事よりも意志の力が必要なのだと思います。

5、複数のことを抱えていて、思考停止気味になっている

忙しすぎて、あれもこれもと考えすぎると、焦るばかりで結局は何も進まない、ということになりがちです。

焦ると、あまりいいことはないですね。

片付け成功のための5つのルール

ここまでにお話した「片付けに集中できないわけ」をクリアすれば、片付けは成功するでしょう。

しかし、それだけではわかりにくので、もう少し具体的なルールを考えてみます。

【ルール1】片付けるまで座らない

家に帰ってきて、すぐに座ってしまうと、立ち上がるのが嫌になってしまいます。しかし、やらなければいけないと思いつつ過ごす時間は、それほど落ち着けるものではありません。

座っている写真

そこで、「やるべきことが一段落するまで座らない」というルールをおススメします。

しんどい時もありますが、時間を有効に使えるし、片付いたことで精神的にも休まります。

【ルール2】集中を乱すものを触らない

いつも自分の集中を乱すものは何か、思い出してみましょう。

それがスマホなら、「休憩まではスマホを触らない」というルールにすれば良いと思います。

【ルール3】集中を高める儀式をする

ヨガでも、ネイティブ・アメリカンの儀式でも、日本舞踊でも、自分に合う集中力が高まりそうな儀式を考えてみてください。

片付ける時に決まった儀式をするのは、意外に効果的です。

ヨガをしている写真

簡単なところでは、片付ける時に決まったシャツを着るとか、テンションの上がる音楽を聴くとかでも良いと思います。

【ルール4】片付けルーティンを決める

平日の片付けルーティン・休日の片付けルーティンを決めて、しばらく我慢して続ければ、習慣化できます。

人間は習慣の生き物です。習慣化できれば、苦痛ではなくなってくるはずです。

【ルール5】ToDoリストを作る

ToDoリストを作れば、大きなプロジェクトでも仕事を細分化することができます。

そして、細分化により、仕事をシンプルに考えられますから、汚部屋やゴミ屋敷でも片付け切る可能性が高まるでしょう。

まとめ

「片付け成功のための5つのルール」についてお話しましたが、すべてをやらなくても、自分に合ったものをチョイスしていただければ良いと思います。

私の場合、ToDoリストは作っていませんが、一応何とかなっています。よろしかったら、お試しください。

たかが片付け、されど片付け。自分なりの片付けの本当の意味を見つけ出すことができれば、片付けの質が向上するでしょうし、挫折することもなくなるかもしれません。

よろしかったら、次の記事もどうぞ!

片付ける意味・理由をハッキリさせ、暮らしを素敵に

ご質問にお答えします

「スタッフの人生のターニングポイント」をお知りになりたいとのリクエストをいただきました。

竹内

20歳の頃、仕事を辞めて借金がたくさんあり、「このままではダメ人間になってしまう」と思い、心を入れ替えた時

中村

15歳の時は、尾崎豊さんの「15の夜」のような人生でした。もし、その時の自分に会えるなら、もっと勉強しろと強く言いたい

安永

今の会社に入社したこと

中野

今の会社は、規則正しい生活リズムで、体も鍛えられるのでGoodです

兼子

今年の転職。家族と過ごす時間が増え、肉体の改造もできた

岡本

結婚。ふらふらしている人生に終止符。結果は・・・。

小田

子供が産まれて、初めて本当の意味で親への感謝を実感した

宮井

渡米してから、成績は落ちたが外交的に

古畑

初めて自分のお金で好きなバンドのCDを買った中学2年生

高橋

この会社に入って、竹内さん達に釣りの楽しさを吹き込まれた5〜6年前

老子を読んで老子になり、ブルース・リーの映画を観てブルース・リーになり・・・


関連記事
Comment





Comment